ピクシブ百科事典

パピプリオ

ぱぴぷりお

パピプリオとは、「金色のガッシュ!!」「金色のガッシュベル!!」に登場する魔物の子の一人である。
目次[非表示]

CV:山崎みちる

本の色:濃いターコイズブルー
人間換算年齢:8歳
好きな食べ物:魚、シガレットチョコ、ラーメン
趣味:人をバカにする事、ナンパ、遊園地で遊ぶ事

概要

本編にて登場した魔物の子で、パートナーはルーパー。貴族の子息や演劇の王子役のような恰好をしている(作者によると、パピプリオの着ている服は彼の母親が「王になれるように」と願いを込めて作った物らしい)。
フルネームは「レオパルドン・パピプリオ」だが、割と長いからか、もっぱら「パピプリオ」、「パピー」などと呼ばれている。

セコくて小心者かつ臆病だが、努力家で妙な愛嬌と協調性のある性格をしている。また、共闘関係になった人間が魔物をほっといて、一人遊園地のアトラクションを楽しんでいるのを見て、裏表の少ない良心で咎める・自分なりの信念を示すべくゼオンに立ち向かう味方の姿をみて、遅まきながらサポートにまわるなど、仲間思いととれる行動を見せることも。

そういった人柄が反映されたのか、たまたま技能や才能が偏っていたのか、単独での戦いには役に立ちそうにないが、味方の補助や足止めなどといったことに関しては、侮れない潜在性と適性を持った術を数多く覚える。
本編では、その術と相方の妙な行動力などをもって、ロデュウを始めとする攻撃的な呪文の使い手と度々共闘。ガッシュたちを時には翻弄し、時には妙なしぶとさで困惑させたが、ファウード編終盤では命懸けでゼオンに立ち向かうロデュウの姿に感化され、彼の肉体の崩壊前に本を燃やして魔界へと帰した。

だが、終盤では王を決める戦いの最後の10人(これは作者にとっても「想定外の出来事」だったらしく、当初の予定ではファウード編のラスト近くでリタイアする筈だったとのこと)に生き残り、ファウード編終了後はアメリカを拠点にタレント活動をして絶大な人気を集め、フォルゴレとの共演が縁でキャンチョメと友達になった。
当のパピプリオもキャンチョメと友達になるまでは魔界や人間界では友達がいなかったため、キャンチョメと友達になった時は非常に嬉しそうな顔をしていた(ロデュウの時は子分になっており、ゾボロンの時は何も話さなかった。また、人間界でも子供達から余所者だからと仲間外れにされていた)。
後に、クリア編にて交戦したものの、キャンチョメの豹変ぶりやフォルゴレの決死の説得などを見た縁からか、ゴームとも友達になった模様。

術の一覧

ガッシュと同様、口から繰り出す類のものが主体。直接攻撃に使える術も少しはあるが、基本的には補助一辺倒な術が多い。パピプリオの素の強度や速度なども高いほうではないため、呪文と体術との併用といったこともあまり見込めない(序盤では努力で足腰を鍛えた成果か、侮れない俊足を見せたが、初戦以降は活かす機会にあまり恵まれなかった)。
ただ、キャンチョメモモンと同様、魔物を倒すことより、本を燃やすことに重点を置いた戦法では役立つ術や、連携手段としては侮れない術などもあるため、共闘相手からはなんだかんだで、それなりに評価されている。

ダレイド
触れてから少し時間が立つと固まる液体を口から吐く。液体自体に毒性や破壊力はないが、足元に出されると靴を脱ぐといった行動もままならないまま、足止めをくらう。
発射から着弾までの速度も結構速い。

ポレイド
触れると体が数分後に麻痺する液体を口から吐く。また、麻痺になってから数分経つと効果が薄れていく。

モケルド
口から煙幕をまく。範囲が割と広いため、撤退や時間稼ぎとしては有用だが、羽で風を起こせる魔物などが相手だと短時間で処理されることも。

ジョボイド
酸性の液体を吐く。
ただでさえ攻撃手段が乏しいパピプリオの攻撃呪文の中でも最弱の部類に入るが、家屋の壁に穴を開けるくらいならできる。ガッシュと再度対面した時には別の攻撃呪文を使っていたためか、初披露時期はかなり遅め。

ギガノ・ジョボイド
ジョボイドの強化版。
強力な酸性の液体を吐く。中盤までに勝ち残った強豪たちの呪文と渡り合うには火力などが追いつけなかったようだが、レインに向けて使った際は、無視しがたいダメージを与えた。

ニュレイド
氷や油のように、つるつると滑って立てなくする液体を口から出す。液体が撒かれる範囲も地味に広く長い。
本編では、チータや本を狙おうとしたガッシュの行動を妨害するのに使用した。


モスレイド
強い痒みと催涙効果を与えるガスを口から吐く。よほどの痒さのようで、影響を受けた魔物はしばらくパートナーの指示などが耳に入らなくなるほど。術の狙いも定まらなくなる恐れも出てくるため、使いどころや相方の動向次第ではかなり厄介な部類に入る。

アミレイド
対象を捕獲できる丈夫な網を肩の部分の模様から出し、相手を生け捕り状態にする術。網目はそれほど小さくないが、自身の体を小さくすることや、小型の物質発生などといった術をもっていなかったガッシュたちは、抜け出すのに苦戦した。

ディオガ・ジョボイド
パピプリオの最大攻撃呪文。「ギガノ・ジョボイド」よりも更に強大な酸を口から放出する…が、何分相手と状況が悪かった。

関連タグ

金色のガッシュ‼ 金色のガッシュベル!!
憎めない悪役 愛すべき馬鹿
ルーパー ゾボロン ロデュウ キャンチョメ パルコ・フォルゴレ ゴーム

関連記事

親記事

金色のガッシュ!!登場人物一覧 こんじきのがっしゅとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パピプリオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270

コメント