ピクシブ百科事典

キャンチョメ

きゃんちょめ

キャンチョメとは、「金色のガッシュ!!」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:菊池正美

本の色:黄色
人間換算年齢:6歳
家族構成:父
好きな食べ物:魚、アメ、チョコレート
趣味:歌、ダンス、手でこぐスケボー、間食

概要


ガッシュの仲間で、数少ない善の心を持つ魔物の子。本の持ち主はパルコ・フォルゴレ

アヒルの嘴の様な口が特徴的。変身や小型化等、主に敵を撹乱させる術を使う事が出来る。ファウードの正体にいち早く気付く等、ガッシュの仲間の魔物の子の中では比較的頭が冴えている。

当初はとても臆病なお調子者であったが、強く成長していたガッシュの姿に愕然として、この事を契機に強い魔物になろうと誓い、スペインで妹分となったルシカとの出会いをはじめとする人間界での経験を通して、徐々に勇気を身に付けて戦う事が出来るまでに成長した。フォルゴレのようにかっこいい男になって、『魔界を良い世界にする』事を目標としている(アニメ版では『魔界をお菓子の国にする』と言う具体的な目標を作り、ファウード編のアニメオリジナル展開において、友情が芽生えたモモンをチョコ大臣にすると約束した)。

実はデュフォーがツボを押す直前、困惑する程の驚異的な潜在能力を持っており、クリア編にてデュフォーとの特訓でその才能を開花させる。しかし、それまで弱かった事や仲間を失った恐怖心から、相手を徹底的に痛め付ける等の負の感情も芽生えてしまう。だが、フォルゴレの体を張った説得により優しさを取り戻す。
クリアの遠距離砲撃の不意打ちにより本が燃え、最終決戦目前にして魔界に帰ってしまった。

戦いの後はパピプリオと共にゴームと友達になった模様で、仲良く肩に乗って学校に通っている。

主に「変化」(へんか)の呪文を得意とする(自身の姿を変化、相手の認識能力を変化等)。

ポルク

様々な者物に変身出来る術。
だが、大砲になったとしても弾は出ない、ムキムキの巨人になっても身体能力が上がらない、人間に変身するとどこか一部分が異常な形(嘴がある、鼻や頭部が異常に長いなど)になる等、キャンチョメ自身が強くなる事はない為、見かけ倒しになる事もしばしば。
しかし、キャンチョメのタイムリーな話術がこれに加わると、あまり利口でない魔物なら簡単に騙される(例で挙げると、ガッシュ戦では鼻が長い清麿に変身して怪しげな言動をとっていたのにも関わらず、ガッシュや鈴芽は本物の清麿が登場するまで全く気付かなかったり、バーゴ戦では頭部が長いフリトに変身して言葉巧みにバーゴを騙して本物のフリトを殴らせる等)。
どちらかと言えば、仲間と共に戦う際のフォローに向いている。

コポルク

小さくなる術。
一見弱体化のようだが、相手に気付かれずに奇襲(清麿の腹に噛みつく、フリトのズボンを脱がす等)を仕掛けたり、相手のパートナーに接近して本を燃やしたり、回避にも役立つ。

ディカポルク

大きくなる……のではなく自分の巨大な幻を作る術。カラクリに気付かれなければだが、呪文の無駄打ちをさせる事も出来る。
※本体は足元に居ます

ディマ・ブルク

自分の分身を出現させる術。幻ではなく実体があり、本体の命令で動くが、心情が反映される為、指示に従わない場合もある(内心ビビっていると、攻撃の指示に従わずに逃げる等)。
おまけに良くも悪くも分身の数が多いからか、分身の中にはキャンチョメが意志を強く持って分身達を指示してる間も、ビビッてしばらく指示に従わなかった者が居る事もあるが、時にはこれが敵の虚を突く要素になる事も。
基本的に攻撃を受けると消滅するが、複数で力を合わせると攻撃に回す事が出来たり、ギガノ級の術を受け止める事も出来る程に強力になる。
幻やまやかしを得意とするキャンチョメの術の中では珍しく実体を伴うことに加え、唯一術名に「ポルク」と付かない術である。

フォウ・スプポルク

呪文を唱えると手から光と音が発せられる。そのどちらかを聞いたり見たりした相手は、「呪文を唱える・心の力を出す事を止める」と脳が命令を出す為、無意識のうちに術を止めてしまう。
これを端から見れば「術を打ち消された」状態になるが、実際は術の発動自体を止められている。

ミリアラル・ポルク

幻想を生むガスを吹き付ける術。見かけはキャンチョメが術をコピーし、使用しているように見えるが、ガスに触れた際相手の脳に「術を食らった」と言う暗示がかかる為、自分が使った術と同等のダメージを受ける仕組みである。
「どんな術で」「どんな効果を持つか」を知っていて、なおかつ「その術を使える魔物にのみ効果を発揮」する(例えばブラゴの「グラビレイ」をティオに使っても、ティオは「グラビレイ」を使えないので効果はない)。

シン・ポルク

自身の想像を具現化するキャンチョメの最大呪文。
デュフォー「魔物同士の戦いでこれ以上強力な術はない」と言わしめた極悪呪文。
術を発動した際、範囲内に居る者を幻影の世界に取り込むが、その効果範囲は不明。
作中では武器や電撃でダメージを与え、更にはキャンチョメ自身も巨大な獣人のように肉体を変化させ、物理的な攻撃で相手を追い詰めていく。
これらすべては相手の脳に干渉し、一定の命令を出し続ける事によって人物は愚か、空間まで支配する超強力な術であり、嵌まれば一方的に精神的ダメージを与え続ける事も可能。
目を瞑って耳を塞いでも、嵌まった地点で逃れられず最悪の場合、ただじゃ済まない事態に陥る
しかし、あくまで「幻」の為、キャンチョメ自身は強化されておらず、本体を狙われると倒されてしまう。
受けた攻撃や疲労は幻覚のようなものなので、術が解ければ肉体のダメージはそれほどでもない。
フォルゴレが導いた、この術の本来の使い方は、あの忍者マンガの最悪にして最高のアンチテーゼである(一応補足しておくと、キャンチョメは上記の答えによって編み出した幻の使い方を披露した後、いずれ消えてしまう幻のものとは別に、裏表の少ない謝罪や友情の気持ちの籠った贈り物=鳥の絵の瓦礫をゴームに渡している。これがゴームの気持ちを大きく変えることになる)。

余談

上記の通り、嘴を思わせる口吻を持つが、作者曰く「当初は類人猿をイメージしていた(要約)」としており、鳥をモチーフしていない。

関連イラスト

【ガッシュ】黄本コンビ
フォルゴレマニア!



関連タグ

金色のガッシュ!! 金色のガッシュベル!!
魔物 パルコ・フォルゴレ アヒル ガッシュ・ベル パピプリオ ゴーム

バーゴ(キャンチョメが単独で倒した唯一の魔物)

関連記事

親記事

黄本組 きほんくみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャンチョメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106759

コメント