ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ファミコンテレビC1とは、かつてシャープ任天堂と共同開発し、製造していたブラウン管テレビである。1983年発売。14型と19型の2種類のサイズがあり、本体内にファミリーコンピュータを内蔵している。

価格は14型で9万3000円、19型で14万5000円である。

付属品として「ドンキーコングJR.」と「ドンキーコングの算数遊び」の二つが1つに収録されたカートリッジが付いてきた。どちらも一部ステージが削除されているものの、プレミアソフト扱いである。


注意点

  • ほとんどのファミコンソフトはプレイ可能だが、一部使用不可なソフトもある(ワギャンランドなど)。(後述)
  • カセット挿入口の形状の都合上、ディスクシステムを接続することはできない。

その他

映像出力方式はファミコンのRF出力と異なりRGB方式のため、画質は非常に鮮明だったというが実はファミコンのPPUとの違いがここにある。C1のファミコンにあたるユニットのPPUがRGB用である為である。

このC1のPPUは発売当時は補修部品扱いでシャープに注文できた為、腕に自信のあるマニアはこのチップをファミコンに換装してRGB出力できる改造を行っていた。現在では既に入手不可能である。C1で動かないソフトはこのRGB用のPPUのせいで動かないとされている。


後継としてはスーパーファミコンでの「スーパーファミコンテレビSF-1」が存在するが、こちらはRGBではなくモノラルのSビデオ方式であった。


関連イラスト

ファミコンテレビC1に関するイラストを紹介してください。


別名・表記ゆれ

ファミコンテレビ


関連タグ

シャープ ファミリーコンピュータ

関連記事

親記事

ファミリーコンピュータ ふぁみりーこんぴゅーた

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました