ピクシブ百科事典

フェルドランス

ふぇるどらんす

フェルドランスとは、『まほろまてぃっく』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:坂本美里

『管理者』の暗殺部隊『修繕屋』に所属するサイボーグ兵士。
同部隊を率いるメフリス教授の副官のような立ち位置で行動している。

正式名称は『CODE:227』。CODE:370と同じく製造ナンバーとしての名前しか与えられておらず、フェルドランスという名前は本人の自称に過ぎない(或いは一定の地位になると付与されるコードネームの説もある)。名の由来は同名の毒蛇と思われるが、どのような意図で名乗っているかは不明。

外見はブロンドの長髪を持つ中性的で穏やかな美少年だが、その内面は極めて冷酷。
「兵器に心は不要」というメフリスの思想を体現するために「あらゆる感情を喜びとして認識する」という洗脳を施されているが、そのせいで精神が破綻しており、他人の持つ怒り絶望などの感情を羨んでいる。

自らを改造したメフリス教授や同僚のみなわに対しては親しみを覚えているようにも、冷笑しながら死地へ追いやっているようにも見える態度を取っており、その真意は理解しがたい。
原作ではCODE:773(後の安藤ななみ)をスパイとして送り込む作戦を提案したり、みなわに「消却」の真実を伝えて彼女に特殊能力を使わせようとしている。しかし、結果としてみなわやななみは死亡したり消却されずに済んだ。

アニメ版ではメフリスを見限り、殺害してキャナン博士に取り入るが、原作ではキャナンの指揮下に引き入れられるも、彼の事を「ゲスな男」と評して見下していた。

原作版・アニメ版共に安藤まほろを死へ追いやった仇敵であり、主人公美里優からは深い恨みを抱かれることになる。一方、原作版では優との戦いの中で「哀しみ」を理解し、20年に渡って戦い続ける事で優の孤独を癒そうとしたが、その想いも届かず討たれる最期を遂げた。

上述の経緯故、原作最終巻カバー裏漫画では「実はホモなん?」とあらぬ疑惑を建てられており、フェルドランス自身も想いを自覚して赤面するという本編では考えられない姿を見せている。

サイボーグとしての性能

暗殺用サイボーグとしての性能は高く、キャナンが開発した戦闘メカよりも戦闘能力は高いと思われるが、ヴェスパーやセイントが有する戦闘用アンドロイド達には全く敵わない為、まほろスラッシュと戦う際は様々な策を用意して挑んでいる(精神攻撃で追い詰める、街諸共強力な爆弾で吹き飛ばすなど)。
ただし、アニメ版ではまほろの持つ『輝ける闇』の複製版を搭載された為、寿命の尽きかけたまほろを圧倒する力を見せた。

関連タグ

まほろまてぃっく 安藤みなわ
サイボーグ 美少年

関連記事

親記事

まほろまてぃっく まほろまてぃっく

兄弟記事

コメント