ピクシブ百科事典

フニクリ・フニクラ

ふにくりふにくら

ルイージ・デンツァ作曲、ジュゼッペ・トゥルコ作詞のイタリア民謡。
目次[非表示]

概要

フニクリ・フニクラ(ナポリ語: Funiculì funiculà)は、イタリアナポリの大衆歌謡曲である。
作曲家のルイージ・デンツァが作曲を、ジャーナリストのジュセッペ・トゥルコが作詞を担当している。

ヴェスヴィオ火山の登山用ケーブルカー「フニコラーレ」のPRソングとして19世紀末に作られた、世界初のコマーシャルソングである。
歌詞はナポリ語(ナポリ方言)で書かれている。その内容は、登山鉄道とヴェズヴィオ火山を題材としつつ男性が意中の女性への熱い愛と結婚への思いを歌い上げる・・・という物である。

なお、題材となったフニコラーレは1944年に起きたヴェスヴィオ火山の噴火によって破壊され、運行を終了している。

日本におけるフニクリ・フニクラ

その親しみやすい曲構成と旋律から、日本においては原曲のみならず様々なアレンジがなされている。
その最も有名なもののひとつである「鬼のパンツ」は、初出不明、作詞者不詳でありながら、「おかあさんといっしょ」をはじめとする子供向け教育番組で取り上げられ、一般に広く認知されている。
歌詞の内容は地域によって様々であるが、どの地域においても鬼が穿いているパンツの頑丈さを全面的にアピールしたものとなっている。
歌によっては、「の毛皮でできている」「鬼のお母さんが編んでくれた」「100年穿いても破れない」等の宣伝文句も盛り込まれている。
なお「おかあさんといっしょ」と同じく教育テレビでは、他にも「音楽ファンタジーゆめ」にて蜘蛛が巣の上で水滴をぶつけ合うPVとともに放送されたこともある。

それ以外ではバラエティ番組「さんまのからくりTV」のコーナー「ご長寿早押しクイズ」のOPに使われた他、北大阪急行電鉄では接近放送のチャイムとして現在も使われている。

関連イラスト

フニクリ・フニクラ
鬼のパンツは いいパンツ つよいぞ



関連動画

東京フィルハーモニー交響楽団(テノール:福井敬)


ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)


日本語訳版


アルフレッド・リードによる吹奏楽編曲版


鬼のパンツ(唄:速水けんたろう&ひまわりキッズ)


エバラ「唐あげの素」CM(1999年)


スパリゾート「ハワイアンズ」CM


関連タグ

音楽 民謡
イタリア ナポリ ケーブルカー
鬼のパンツ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「フニクリ・フニクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60259

コメント