ピクシブ百科事典

フライングV

ふらいんぐぶい

ギブソン社のエレクトリック・ギター。
目次[非表示]

概要

オリジナル・モデル

ステージ映えするエレキギターとしてギブソン社から1958年に発売されたが、大胆なV字型にシェイプされたボディが受け入れられず、98本を生産しただけで翌年には生産中止なった。
ボディ、ネックには、非常に貴重な木材であるコリーナ材(アフリカ産のホワイト・リンバウッド)が使用され、音質は明るい。弦はフェンダー社製ギターのようにボディ裏側から通されている。
ネックのジョイント部分は22フレット付近で、プレイ・アビリティは非常に優れる。
オリジナル・モデルの使用者としては、アルバート・キングが知られる。

1967年モデル

1967年にデザインやボディ材、構造を変更して再生産された。
ボディ、ネックには、マホガニー材が使用され、音質は甘く柔らかい。弦はテールピースで固定する方式となっている。ネックのジョイント部分は17フレット付近に後退し、その分パーツ類が下方にずれ込んでいる。
何度かの限定生産の後、独特のデザインがサイケデリック・ロックやハードロックギタリストの関心を惹くようになり、キース・リチャーズジミ・ヘンドリックスアンディ・パウエルマイケル・シェンカーなどが使用した。
1972年にミュンヘンオリンピックを記念して生産された「メダリオン」は1967年タイプの決定版で、ヴィンテージ市場で高い値段が付けられている。

1975年モデル

1975年からはギブソン社のレギュラー・ラインナップに加えられ、現在に至っている。
仕様は1967年モデルに基づいたものだが、ネックが細くなった。
広いジャンルで使用されるようになり、各社からコピー商品が出るなど、人気モデルとなっっている。

関連イラスト

GUITAR GIRL A


関連タグ

ギブソン ギター エレキギター 橘高文彦 山中さわ子

pixivに投稿された作品 pixivで「フライングV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459124

コメント