ピクシブ百科事典

フローリアン

ふろーりあん

いすゞが生産していた乗用車、またはテイルズオブジアビスに登場するキャラクター
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. テイルズオブジアビスに登場するキャラクター
  2. いすゞが生産していた乗用車


テイルズオブジアビスのフローリアン

フローリアン



概要(ネタバレ注意)

CV:大谷育江(ゲーム版。ただしEDクレジット無し)/小林由美子(アニメ)

導師イオンシンクと同じく、オリジナルイオンレプリカの1人。
その名前はアニスが名づけたもので、古代イスパニア語で「無垢なもの」という意味を持つ。

ゲームではシンク同様ザレッホ火山にて処分されたはずだったが生き残り、モースに発見・利用されていた。
アニメではアブソーブゲートの最深部で人質として登場する。

後にルーク達によって救出、ダアトに預けられることなる。
名づけたこともあってアニスを慕っている。また、教育等を受けていなかったこともあり、オリジナルイオンとも導師イオンともシンクとも性格が異なり、とても明るい。

劇中ではレプリカイオンやシンクが最終的に死亡するため導師イオンのレプリカの中では唯一の生き残りとなる。

関連タグ

オリジナルイオン 導師イオン シンク アニス・タトリン レプリカ

いすゞのフローリアン

概要

1966年10月に開催された第13回東京モーターショーに出展された「ギア・いすゞ117サルーン」をベースに、1967年11月に発表・発売された。因みに、第13回東京モーターショーには、これをベースとしたスペシャリティーカーが展示されており、これが117クーペの元ネタとなっている。

ただ、2度、フェイスリフトを中心としたビッグマイナーチェンジが行われ、さらには細かいマイナーチェンジも行いはしたものの、1982年10月までグダグダと製造・販売され続けた。当然ながら不人気車であり、その上「どーせ売れねーんだからそんなもんに金ブチ込むのも無駄無駄」とばかりにほぼ放置プレイ状態に置かれてしまったのだった。
もっとも、前身とも言えるベレルが、発売末期には「3台100万円」という、当時でも投げ売り叩き売りのヤケクソバーゲンセールをやらかしても売れなかったと言うから、そこまで追い込まれなかっただけでもマシか。

もっとも、発売初期と末期に設定されたヂーゼルエンジンに関しては、オーナーからの評判はまずまず良かったようで、初代末期以降のジェミニヂーゼルの好評にもつながったと言える。ただ、「姉妹車」の117クーペにも設定したのは、調子に乗りすぎもいい所であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「フローリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178380

コメント