ピクシブ百科事典

ブイヤベース

ぶいやべーす

地元の魚貝類を香味野菜で煮込む、フランスの寄せ鍋料理。
目次[非表示]

概要

南フランスのプロヴァンス地方、地中海沿岸地域の代表的な海鮮料理。マルセイユの名物。
原型は地元の漁師が商品価値のない魚を消費するために大鍋で塩と煮るだけの料理であった。

17世紀に新大陸からトマトが伝来すると食材に取り入れられ、また19世紀にマルセイユが観光地化すると、多数のレストランが地元料理のブイヤベースを目玉料理にして技巧を凝らし、料理法も発展、洗練されて今日に至る(Wikipedia)。

関連タグ

フランス料理 鍋料理(シチュー)
ポトフ アクアパッツア

外部リンク

ブイヤベース - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ブイヤベース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1255

コメント