ピクシブ百科事典

プラチナデータ

ぷらちなでーた

『プラチナデータ』は、東野圭吾による日本の小説。幻冬舎『パピルス』にて、2006年12月号から2010年4月号に連載されたミステリ作品で、2010年6月30日には幻冬舎より単行本が刊行され、2012年7月5日には幻冬舎文庫から文庫版が発売され、2013年3月10日には幻冬舎コミックスよりコミックスが刊行された。2013年3月16日に映画化。
目次[非表示]

概要

DNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%になった近未来の日本を舞台に、DNA情報「プラチナデータ」によって犯罪に巻き込まれ、容疑者となった警視庁特殊捜査機関の天才科学者と、それを執拗なまでに追う刑事の攻防を描いた作品。
コミックス版は、映画版製作委員会が監修しているため、原作とは内容がやや異なっている。
東野は当初映画化を前提として執筆を開始したものの一旦は断念し、その後、映画化と切り離して執筆されたが、映像化にあたり、大手映画会社、テレビ局、制作会社など20社以上からオファーが殺到した。
なお、タイトルの「プラチナデータ」は東野による造語で、物語の革新に関わるデータの事を指している。

あらすじ

小説版

「電脳トリップ」という、トリップ体験ができる電子デバイスを使用中に、ホテルで女性が殺害される事件が起こった。ホテルに残された毛髪、体毛から、犯人はすぐに検挙された。
だが、事件はそれだけでは終わらなかった。同様に、電脳トリップを使用し、乱暴後に拳銃で殺害するという事件が起こったのだった。残された精液によるDNAデータから、すぐに犯人は割り出されると思われていたが、DNA検索システムは「Not Found(NF)13」という結果を示した。これは、類似する遺伝子が登録されていない、というものだった。
その後、DNA検索システムの開発者・蓼科兄妹が殺害される。おどろくべきことに、彼らを殺害するのに使用された拳銃は、NF13事件で使われたものと同一のものだった。彼らは死亡する前、神楽へ「DNA検索システムは不完全。モーグルを完成した」と、伝えていた。
早樹の服には、神楽の毛髪が付着していた。そこから、神楽は彼らを殺害した犯人と疑われる。神楽には早樹たちに会った際、空白の数時間があった。というのも、彼は多重人格者であり、"リュウ"と呼ばれる人格で、早樹に会っていたからだ。本当に自分の人格が殺害したのか、確かめようとするが、リュウは人格の交代を拒否し、確認することがなかなかできなかった。逮捕されることを恐れた神楽は、早樹たちの残した"モーグル"が事件解決の鍵になるのではないかと、"リュウの恋人"を名乗る少女・スズランと共に、早樹たちの別荘に向かう。
一方、浅間は捜査に協力的であった志賀たちが、急に捜査打ち切りのために動いていたことを察し、背景に何かがあると察し動き出していた。

コミックス版

何者かにより連続幼女誘拐殺人事件が起こされる。警察は犯人の目星さえつけられずにいたが、「特殊解析研究所(通称:特解研)」からのDNA解析データをもとに、犯人は無事検挙される。しかし、そのDNAデータは不正に採取されたものではないかと疑った浅間は、「DNA捜査システム」の開発責任者・神楽龍平に、DNA捜査がそのうち違法でなくなること、全国民のDNAデータが「プラチナデータ」と呼ばれていることを知る。
3ヶ月後、DNA捜査に反対していた研究者が拳銃で射殺され、肋骨を一本抜き取られるという連続猟奇殺人事件が発生する。犯人のDNAデータはデータベースに登録されておらず、「NF(Not Found)13」と呼ばれていた。そんな中、新世紀大学病院に入院中だった、DNA捜査システムの開発者・蓼科早樹とその兄・耕作が、一連の方法で殺害される。兄妹は殺害される5時間前に神楽と会っており、その際に「NF13について話がある」と伝えていた。
浅間は兄妹と神楽のいたフロアのカメラに細工が施されており、約5時間無人の映像が流れていたことから、神楽が兄妹を殺害するために仕掛けたのではないかと考える。一方、神楽は早樹の爪に付着していた皮膚片と皮脂を解析すると、自分の登録データと一致し、動揺する。
そして浅間は、神楽の書いたメモと、犯行時間に神楽が使用していた部屋に残されていたメモを発見し、早樹と神楽の担当医・水上利江子に、神楽は多重人格で、彼の中には13年前に父親が自殺した時に現れた"リュウ"という交代人格がいることや、神楽の"個人的な研究"のために、この部屋をリュウのアトリエとして5時間だけ使わせていることを告げられる。
神楽は、リュウが兄妹を殺害したのではないかと疑う。彼は助手の白鳥の「DNA捜査システムを本当に完成させるためのプログラム"モーグル"を発見するまでは味方です」という言葉を信じて、DNA捜査システムの裏システム「DNA監視システム」から逃れ、研究所から逃亡する。そして、兄妹の別荘で、「モーグルは完成しました。これで真のプラチナデータが取り出せます。これは私達の懺悔の証なのです」というメールを見つけ、"モーグル"と"真のプラチナデータ"を見極めるまでは逃亡を続けると決意した矢先、白鳥が何者かに射殺され、肋骨を一本抜き取られた状態で発見される。白鳥の携帯の通話記録から、浅間は彼女が「モーグルK(=神楽)」と連絡を取っていたことを知り、神楽の知らない15歳の頃のリュウについて話すため、接触を試みる。

映画版

コミックス版とおおまかな内容はほぼ同じだが、人物や場所の設定がやや異なっている。
後半の場面構成、結末はコミックス版と大幅に異なる。

映画

2013年3月16日公開。主演は二宮和也

キャスト

神楽龍平/リュウ:二宮和也(
水上江利子:鈴木保奈美
志賀孝志:生瀬勝久
白鳥里沙:
蓼科早樹:水原希子
戸倉稔:遠藤要
蓼科耕作:和田聰宏
那須真之:中村育二
神楽昭吾:萩原聖人
浅間玲司:豊川悦司

スタッフ

監督:大友啓史
原作:東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎文庫)
脚本:浜田秀哉
音楽:澤野弘之
主題歌「Breathless」 歌:嵐(ジェイ・ストーム)
製作:市川南服部洋藤島ジュリー景子見城徹松木茂吉川英作川邊健太郎
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:佐藤喜宏澁澤匡哉
プロデューサー:川田尚広
プロダクション統括:金澤清美
撮影:佐光朗
美術:橋本創
録音:湯脇房雄
照明:渡部嘉
編集:今井剛
助監督:猪腰弘之
製作担当:森悦子
ポストプロダクションプロデューサー:大屋哲男
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
製作:「プラチナデータ」製作委員会

キャッチコピー

  • 彼は天才科学者だった、連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは―。(テイザー/本ポスター版)
  • この愛さえも、DNAで決まるのか。(本ポスター版)


登場人物

登場人物の苗字は、山やスキー場の名前から取られている。
また、映画版は(名言はされていないものの)2017年という設定であり、登場人物の誕生日はその人物を演じる俳優の生年月日より5年遅いものになっている。

警察庁特殊解析研究所

  • 神楽 龍平(かぐら りゅうへい)

警察庁特殊解析研究所の主任解析員(コミックス版では主任解析員及び開発責任者)。30歳くらい(映画・コミックス版では28歳)。映画・コミックス版では右利き。小説版では髪が長く端整な顔立ちをしていて、コミックス版では茶髪で眼鏡を掛けている。父・昭吾の自殺をきっかけに15歳の時から交代人格「リュウ」が出現する。

  • 志賀 孝志(しが たかし)
警察庁特殊解析研究所所長。年齢40歳。小説・コミックス版ではヘルメットのように黒髪をオールバックにして固めており、映画版では眼鏡を掛けている。
  • 穂高(ほだか)
科学警察研究所の特別鑑査チームの責任者。40歳くらい。コミックス版では登場しない。
  • 白鳥 里沙(しらとり りさ)
日系アメリカ人。DNAプロファイリング研究者。映画・コミックス版では、日本人で神楽の助手であり、国防情報システム局調達部調査員で、アメリカ政府に"モーグル"の情報を渡すため、神楽の逃亡に協力する。

新世紀大学病院

  • リュウ

神楽の交代人格。感情的で、絵を描くのが得意。新世紀大学病院のアトリエで、いつも手の絵ばかりを描いている。映画・コミックス版では左利き(映画版では神楽に反発し、利き手を変えたという設定)。小説版とコミックス版、映画版では設定が微妙に異なっている。コミックス版では表情や一人称、話し方が変わり、普段は眼鏡を掛けていない。

  • 蓼科 早樹(たてしな さき)
DNA捜査システムの開発者。優秀な数学者。生まれつきある顔の痣を気にして、他人に心を開かなかった。新世紀大学病院の8階VIPルームで、兄・耕作と共に生活している。映画・コミックス版では、自閉症だが数学の分野で天才的な才能を持つサヴァン症候群である。
  • 蓼科 耕作(たてしな こうさく)
早樹の兄。他人に心を開くことのない早樹と、外部への仲介役。新世紀大学病院の8階VIPルームで、妹・早樹と共に生活している。
  • 水上 洋次郎(みずかみ ようじろう)
新世紀大学病院の脳神経科教授。神楽龍平の主治医。映画・コミックス版では女性となっており、名前も水上利江子(みなかみ りえこ)に変更されている。新世紀大学病院の精神科教授で、DNA捜査の権威。神楽龍平と蓼科早樹の主治医で、親のような存在。
  • 富山(とやま)
新世紀大学病院の警備員。小説版のみの登場。

警視庁捜査一課

  • 浅間 玲司(あさま れいじ)

警視庁捜査一課警部補。現場経験と勘を頼りに捜査する刑事。

  • 戸倉(とくら)
浅間の後輩刑事。映画版では名前が「戸倉稔(とくら みのる)」になっている。
  • 那須(なす)
警視庁捜査一課の課長。コミックス版では登場するが、名前の紹介は無い。映画版では名前が「那須 真之(なす まさゆき)」になっていて、常に棒キャンディーを舐めている。
  • 木場(きば)
警視庁捜査一課の係長。小説版のみの登場。

電気トリップ殺人事件

  • 桑原 裕太(くわばら ゆうた)

渋谷ラブホテル女子大生殺害事件の容疑者。映画・コミックス版では、連続誘拐殺人事件の容疑者。

  • 勝山 悟郎(かつやま ごろう)
ハイデン(電気トリップを違法改造し、電流を最強にしたもの)の利用者。小説版のみの登場。

その他の人物

  • 神楽 昭吾(かぐら しょうご)

龍平の父。陶芸家。小説版では、機械が真似た自身の作品を贋作だと見破ることに失敗し、ショックで作品を全て割り、首を吊って自殺してしまう。映画・コミックス版では、龍平に自身の作品を機械が真似た贋作を見せた時に、「父さんが今まで作った中で一番好き」という一言にショックを受け、首を吊って自殺してしまう。

  • スズラン
リュウの恋人。10代後半の少女で、いつも白いワンピースを着ている。神楽からリュウのオーラを感じ取り、神楽と共に逃亡する。犯行時間に、監視カメラに映らないようにしてリュウと会い、自分の肖像画を描いて貰ったと主張している。小説版のみの登場。
  • 玉原(たまはら)
暮礼路署の刑事。小説版のみの登場。
  • 北峰(きたみね)
暮礼路市のある県の県警本部長。小説版のみの登場。
  • 丸沼 玲子(まるぬま れいこ)
カウンターバー「ラウンド」のママ。小説版のみの登場。
  • 塩原(しおはら)
東京都安心生活研究所所長。小説版のみの登場。
  • キール・ノイマン
アメリカの数学者。蓼科早樹と交流がある。映画・コミックス版では登場するが、名前の紹介は無い。
  • チクシ
暮礼路市僻地集落の住人。元建築士。「チクシ」は本名ではなくこの集落での呼び名。建築士の略(ケン「チクシ」)。小説版のみの登場。
  • サソリ
暮礼路市僻地集落の住人。以前は暴力団が経営するバーのバーテン。小説版のみの登場。

出版

  • 東野圭吾 『プラチナデータ』 幻冬舎 ISBN 978-4-344-01847-1
  • 東野圭吾 『プラチナデータ』 幻冬舎文庫 ISBN 978-4-344-41884-4
  • 東野 圭吾、プラチナデータ製作委員会、浅井 蓮次 『プラチナデータ(バーズコミックス スペシャル)』 幻冬舎コミックス ISBN 978-4-344-82772-1


関連イラスト

うそのない世界、
プラチナデータ
ふたりのみらい



関連タグ

東野圭吾 神楽龍平 リュウ ars

pixivに投稿された作品 pixivで「プラチナデータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239665

コメント