2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

白亜紀後期のアフリカ・ヨーロッパ・アメリカに生息していた爬虫類
全長4メートルほどとやや小柄で、これを生かして岩礁に入り込んで獲物を探すことができたと考えられている。
保存状態のいい化石から中型の魚類を中心に捕食しており、たまに頭足類を食べたことがわかっている。
泳ぎ方はウナギの様に身体をくねらせるものだったと考えられていたが、尾鰭が発見されたことにより、サメの様な安定した泳ぎをしていた可能性が指摘された。

この仲間は他のモササウルス科爬虫類より歯が少ないという特徴がある。

関連タグ

モササウルス科

関連記事

親記事

モササウルス科 もささうるすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました