ピクシブ百科事典

プリキュア顔面痛打

ぷりきゅあがんめんつうだ

プリキュアシリーズにおける“伝統的タブー”に対する抜け穴の一つである。
目次[非表示]

概要

伝統的タブー”の抜け穴の一つ

ふたりはプリキュア」から始まったプリキュア・シリーズは、就学前もしくは直後の女児向けの作品であるが故に、水着下着等、数々のタブーが存在していた事は有名で、それらの一部はシリーズを重ねる毎に緩和されていた。
そんな中、未だに守り継がれているタブーがある。それはプリキュアの顔面に攻撃がヒットする瞬間を画面に直接描かない、つまり、顔面への攻撃、殴打の描写の禁止、制限である。
これはプリキュアに対しては勿論の事、プリキュアから敵に対しての攻撃でも同様で、数える位少ない。

しかし、これには二つの抜け穴があって、一つは誤って転んだりよけ損なったりして、地面や障害物、もしくは飛んできた物と顔面が衝突する。もう一つは、顔面での攻撃。これらについてはOKらしい。
後者についてはおでこパンチを参照。

前者で頻度が高いのが美墨なぎさ星空みゆき宇佐美いちかで、かなりの回数、何かしら彼女達の顔面に衝突しており、特にいちかに至っては番組冒頭の挨拶時の衝突が、途中から定番になっている。

関連記事

おでこパンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュア顔面痛打」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3099

コメント