ピクシブ百科事典

ペロ(東映アニメーション)

ぺろ

東映アニメーションの看板キャラクター。『長靴猫シリーズ』の主人公でもある。
目次[非表示]

はじめに

ここでは、当キャラクターの登場作品(通称:『長靴猫シリーズ』)は詳しくは触れない。
登場作品の詳細はWikipedia(外部リンク)を、原作は当該記事を参照のこと。
公式紹介ページはこちら(外部リンク)。

概要

ペロは、東映アニメーション(旧・東映動画)の看板キャラクター。
同社のコーポレートロゴはもとより、ライセンス認証(版権承諾証)のシールなどに描かれており、彼の登場作品を知らない人も目にすることは多いだろう(特に劇場作品において)。

登場作品

(ここでは『長靴猫シリーズ』を簡単に説明する。『3Dペロ』の登場作品はを当該項目を参照。)

1969年(昭和44年)『長靴をはいた猫』で初登場。登場人物・ピエールを幸せにするべく奮闘する。なお、名前の由来は明らかではないが、原作者シャルル・ペローから取ったと思われる。
1972年(昭和47年)『ながぐつ三銃士』。舞台となる街の少女アニーや旅の少年ジミーと、その街の無法者に立ち向かう。
1976年(昭和51年)『長靴をはいた猫 80日間世界一周』。とある賭けから「八十日間で世界を一周」する旅に仲間たちと立つ。当作が、ペロの登場する最後の(単独劇場)作品。

CV

第一作:石川進、第二作:鈴木やすし、第三作:なべおさみ

その他

人物像

猫の国の掟を破ってねずみを助けたために、国から追われて無宿渡世の旅を続けている。
また、猫の国の王の命を受けた殺し屋猫たちが、ペロを抹殺すべく追い続けてくる。

ビックリしたにゃ!!


・イラスト左端がペロ、それを追いかけているのが殺し屋猫たち。

限定Web公開

東映アニメーション創立60周年に合わせて「60周年公式Youtubeチャンネル」で他の作品とともに、本シリーズ3作が2016年7月から1年間配信されていた(現在は公開終了)。

3Dペロ

主に創立60周年記念のロゴアニメーションに登場。オリジナルのデザインに沿いながら、リアル3DCGで描かれているのが特徴。彼が動くアニメーションは、現在はこれが最新。
なお、同年に公開した3Dアニメ作品にも(ワンカットではあるが)登場する。

関連イラスト

長靴をはいた猫


・イラスト左は第3作、右は第1作の姿。

離れられない友達さ


関連タグ

東映アニメーション(旧・東映動画)

表記揺れ

ペロ
・本記事及びタグの成立以前のイラストは、こちらのタグがほとんど。「長靴をはいた猫」とのand検索だと、本キャラクターのイラストが探しやすい。

コメント