ピクシブ百科事典

ホ・ヨンファ

ほよんふぁ

ホ・ヨンファとは、福井晴敏著「亡国のイージス」の登場人物。
目次[非表示]

この国は、いつになったらこれが戦争だと気が付くんだ!

ホ・ヨンファ(許英和)とは、「亡国のイージス」の登場人物。
映画版での役者は中井貴一

人物

北朝鮮対日工作員。40歳前後。宮津弘隆と共にイージス艦「いそかぜ」を乗っ取り、日本政府に向け大規模破壊兵器「GUSOH」を手にテロを起こした犯人グループのリーダー。
DAISからは「北朝鮮偵察局始まって以来の恐怖と言われる、最悪の工作員」と評されている。
当初は「いそかぜ」にFTG(海上訓練指導隊)の「溝口哲也」を名乗り訓練指導の名目で乗り込む。
しかしそれは部下のジョンヒが運んでくる「GUSOH」を回収し、いそかぜを乗っ取るためであった。
彼らテロリストを止めるために潜入していたDAIS如月行を押さえ、「いそかぜ」搭載のミサイルを東京首都全域に目標設定し、大量破壊兵器「GUSOH」をちらつかせ、首都全域の人々を人質に、日本政府と、北朝鮮へのクーデターを目論む。

過去

両親は北朝鮮政治犯収容所に勤める保衛員で、十歳までそこで育つ。
しかしある時暴動が起き、両親は惨殺。ヨンファは救援に来た軍の中隊の指揮をとっていたリン・ミンギ、後の人民武力省偵察局長に拾われる。
その後、平壌で育ち、軍に入隊。十五年後、北朝鮮工作員として活躍するようになる。
しかし、育ての親のリン・ミンギがアメリカと通じているのに気付いたヨンファはミンギを殺害。その首を切り落とし、北朝鮮中央に届ける。
そして祖国を変えるため謀略を張り巡らし、アメリカで開発された生物兵器「GUSOH」を沖縄で強奪、宮津弘隆の息子の書いた論文「亡国の楯」を読み、国から危険視された息子を殺された宮津弘隆に接触。息子の死の真相を話し、テロへと誘う。

交流関係

ジョンヒ

ジョンヒ


部下であるチェ・ジョンヒは、北朝鮮人民武力省偵察局の局長・リン・ミンギの元でヨンファと同じく養子としてもらわれ、工作員としての訓練を受けた。従って、ジョンヒはヨンファにとって年の離れた義理の妹である。
ヨンファとジョンヒは特殊な関係であり、恋人とも家族ともただの部下とも違う、ただの義兄妹の枠に収まらない関係である。
ジョンヒが韓国上陸作戦で声帯を失い、更に虜囚の身になったところをヨンファは救助。それだけではなくジョンヒを凌辱した韓国保安局員を時間をかけ一人残らず殺した。
それ以来二人の間に不思議な絆が生まれ、声の出せないジョンヒとは精神感応のような形で話すことが出来る。
 ヨンファはジョンヒを傷つけるものを決して許さず、それが二人に恋愛とも家族愛とも違う特殊な形の絆を抱かせることになる。
ジョンヒもヨンファの事を「兄」以上の存在として非常に信頼しており、「兄のやることに間違いはない」「兄以外の男は男ではない」と思っている。
このように特殊な関係の兄妹ではあるが、任務の時はヨンファはジョンヒをあくまでも「有能な部下」として扱い、ジョンヒも自分を特別扱いしないヨンファに絶対の信頼を抱いていた。

だが、物語後半になって如月行仙石恒史に負け続け、ヨンファは守りに入るようになる。
特にジョンヒは自分を傷つけた如月行を殺さず放っておけと言ったヨンファに失望し、兄を見限り、行へ男としての強さを見出しヨンファを見限る。

如月行

如月行@冬の制服


当初、彼を「優秀な工作員」と行の優れた素質を見出し、国に見捨てられた者同士手を結び協力しようと持ち掛ける。
だが行は「あんたは兵士なんかじゃない、ただの狂った人殺しだ」と拒否。
その後、仙石恒史と共にヨンファの野望を打ち砕かんとことごとく邪魔してくるのに加え、義妹であるジョンヒが行に殺されたのを機に、彼と仙石を殺す事を決意する。
そこには、ジョンヒに見限られ、彼女が行の元へいったという事実が大きく作用しており、仙石恒史からは「男の嫉妬はみっともねえな!」と言われいる。

関連タグ

亡国のイージス いそかぜ ジョンヒ 如月行 仙石恒史 宮津弘隆 福井晴敏 工作員 テロリスト

pixivに投稿された作品 pixivで「ホ・ヨンファ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント