ピクシブ百科事典

マッドファーザー

まっどふぁーざー

マッドファーザーとは、フリーホラーゲームである。
目次[非表示]

概要

  • タイトル : マッドファーザー
  • ジャンル : 探索型ホラーアドベンチャー
  • 製作ツール : WOLF RPG エディター
  • 対象年齢 : 15歳以上
  • 公開日 : 2012/12/10


フリーゲーム「マッドファーザー」は、せん氏による探索型ホラーアドベンチャーである。

ゲーム説明

アヤを操作し、化け物やトラップを回避しながら建物内を探索し仕掛けを解いていく。
エネミーは触れると一発アウトの場合と体力が表示されて0になったらアウトの2パターンがある。
かわいらしい主人公と対になる暗くておどろおどろしい雰囲気のステージとグロテスクなエネミーが特徴。終盤などの恐怖を引き立てる演出も強烈。

終盤の選択でエンディングが分岐する。どちらもサブタイトル通りの結末である。

※2015年1月28日に、ver2.00が公開された。
一部マップ、グラフィックの変更、また「ifストーリー」追加。
(ifストーリーは、本作クリア後にGALLERYからプレイすることができる。
GALLERYを開くためにはジェムをすべて集める必要があるので注意。)

実はSteamで有料版が販売されている。

ストーリー

舞台は山間にある巨大な屋敷。そこに住む少女アヤ・ドレヴィスは父親が夜な夜な狂気の実験を繰り返しているのを知りながらも、やさしかった頃の思い出を忘れられず、愛していた。
ある日、突如として異形の化け物が屋敷内を徘徊するようになる。さらに謎の黒服の男が現れる。アヤは父親を捜し出し助けるべく屋敷内を探索する。

登場キャラクター

アヤ・ドレヴィス

マッドファーザー


本作の主人公。11歳。エプロンドレスを着用しており、腰まで届く黒髪ロングヘアーと大きなリボンが特徴。父を奪おうとするマリアの事を嫌っている。
その一方で、父親と母親が大好き。恐怖しながらも父親を助け出そうとするが・・・。
スノーボールという名前のうさぎを飼っている。

アヤの父親

どこへいくんだい?


ご存じマッドファーザー。夜な夜な謎の実験に明け暮れるマッドサイエンティスト。アヤに対してはやさしい面を覗かせるが…。

アヤの母親(モニカ・ドレヴィス)

。


故人。幼い頃から裕福に育ったためか、貧富差別の意識があり、貧民出身のマリアのことを快く思っていなかった。

マリア

マリア参戦(妄想)


アヤの父の助手及び使用人。

オーガ
突如化け物蠢く屋敷に現れたスキンヘッドで黒服な男。セールスマンと名乗っており、アヤに対し助言を与え探索をサポートしてくれる。その目的は・・・。

金髪の少年(ロビン)

金髪の少年


右目に怪我を負っている謎の少年。

亡者たち
父親の人体実験の犠牲となって死亡した哀れな亡者たち。殺された者たちの恨みや未練が募った末に亡霊となって蘇り、屋敷の人々に襲い掛かったり行く手を遮る。

関連イラスト

ドレヴィス家
無題


お父さんを助けたいの
セーブ役さんとお戯れるお嬢様



関連タグ

フリーゲーム ホラー グロ せん
アヤ・ドレヴィス 金髪の少年 マリア
チェーンソー 家族
(同作者によるフリーホラーゲーム)

マッドファーザー100users入り
マッドファーザー500users入り
マッドファーザー1000users入り

外部リンク

マッド・ファーザー特設サイト
Steam版はこちら

ここから先、深刻なネタバレ注意!






























アヤ
自覚は無いが、父親と同じ殺人鬼への兆しが現れている。事実、彼女は事件解決後に人里離れた診療所で訪れた患者を品定めしている。そんな彼女の診療所には彼女の作品が飾られている・・・。

アヤの父親
他者の死に顔を見て至上の喜びを見い出してしまう生粋の快楽殺人者であり、マッドサイエンティストとしての一面もその延長線に過ぎない。その兆候は既に幼少時から顕著であり、初めて殺した相手は実母。妻に出会うまでは各地を転々としながら無差別殺人に明け暮れていたが、妻との結婚後は今の屋敷に移り住み、現在のような『人体実験』によって殺戮衝動を満たす手法に切り替えた。殺人狂ではあるが、娘のアヤへの愛情だけは妻よりも深い。が、その愛情故に娘が自分と同じ道を歩む兆しが現れた為、アヤが殺人鬼に堕ちる事を避ける為に娘を人形に改造しようと画策している。娘を人形にする事を反対した妻を殺害しており、その妻をそのまま人形に改造している。本作のタイトルが「マッドファーザー」なのは、愛情故に狂った父親という意味なのかもしれない。

アヤの母親(モニカ・ドレヴィス)
怪事件の黒幕。死後、『呪いの力』で夫の実験で犠牲となった亡者を蘇らせて手駒にし、彼を闇の世界に連れて行こうとする。夫に殺害された悲劇の母親・・・のはずが、ところがどっこいとんでもない秘密を隠していたマッドマザー。実はアヤが夫と同じ殺人鬼に堕ちる事を家族の誰よりも望んでおり、その兆しが現れた事を喜んでいる。アヤを人形にして愛らしいままに留めたがる夫に反対したのも、闇の世界でアヤが死ぬ事を良しとしなかったのもアヤが殺人鬼となる姿を望んだため。また、殺人鬼としての夫を愛しており、夫との馴れ初めも当時殺人鬼だった彼に殺されかけて一目惚れしたという常軌を逸したもの。かなり嫉妬深い。

マリア
アヤの父親の助手として活躍する内に彼と親密な関係になってしまう。元々は帰る家すら持たない浮浪者で、行き倒れて死に掛けていたところをアヤの父親に救われた過去を持つ。そのことから、彼との愛のためには命を投げ出す覚悟すらある。そして、彼が望むなら実験後の死体の処理などの作業を淡々とこなす。アヤが自分を受け入れられないと思ってはいるものの、彼女の事を気にかけている。アヤの父親が死ぬ結末では、研究を引き継いでアヤに処置をする。

金髪の少年(ロビン)
実はアヤの父親の実験で犠牲となっており、既に故人。アヤの母親の『呪いの力』の影響で蘇った亡者の一人だが、他の者とは違い我執に囚われておらず、自らの死すら一つの現実として受け入れて自己解決している。良心の持ち主でもあり、自らの意思でアヤを救い出すべく、彼女を助けて屋敷から脱出させようとしている。

亡者たち
彼らが蘇ったのはアヤの母親の『呪いの力』の影響に因るもの。何れも我執に囚われており、その感情をアヤの母親に利用され、アヤの父親を闇の世界に連れ去る目的のための手駒にされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「マッドファーザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1214772

コメント