2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

声 - 小山茉美
女性 / 身長172cm

「蒼き戦乙女(ヴァルキリー)」の異名を持つハイランド王国の女性騎士。アリーシャの師匠であり目標とする人物でもある。若年期は病弱であり、没落した家のために大変な苦労をして身を立てておりアリーシャ以上に潔癖な性格だった。アリーシャに対しては複雑な気持ちを抱くが、自身とは正反対の道を行く弟子の行く末を見届けたいという真情も確かに抱いている。

使用する秘奥義は「翔破裂光閃」

ゼスティリアの中盤~終盤にかけて(ネタバレ注意)


ここから先本編のネタバレあり!









彼女も災禍の顕主ヘルダルフ配下の憑魔であり、アリーシャを支えていたのはバルトロら強硬派の反発を最大限に上げて無理やりに開戦させるためのダシであった。
水の試練神殿ルーフェイで憑魔アシュラが導師だった頃に作り出した穢れたもの全てを断ち切る剣を盗み、その正体を明かす。

元々はマーリンドの騎士の名家の生まれで体が弱かったが、彼女以外の跡継ぎが全滅したためなりたくもなかった騎士として働くことになった。そこから鍛錬に鍛錬を重ねて戦場で武勲を重ねるほどの騎士になったのだが、その名声を妬まれ憑魔化した味方の兵に襲われた際に憑魔と化した。

憑魔と化したのは数十年前で、この時憑魔と化していなかったら死んでいたらしい。

ヘルダルフが災禍の顕主と化す17年前から“蒼き戦乙女”として名を馳せており、その頃から見た目が異常な若さを保っている。「アリーシャの母親代わりと言ってもおかしくない」年齢らしいが本来なら襲われた時に死んでいる身である…。

グレイブガンド盆地での決戦に際しても先鋒として出陣して、アリーシャとスレイに自らの目的を語り、戦いを挑む。
アリーシャに対して反吐がでるほど嫌いだったという呪詛の言葉を投げつけたが、同時に弟子として愛していたことも事実であった。


テイルズオブゼスティリアザクロスでは

レディレイクからマーリンドに発ったアリーシャに同行し、ローランスとの戦争を止めようとする。
今作ではヘルダルフの配下の憑魔という設定がカットされているので最初から最後までアリーシャの良き師匠&理解者であり続けた。またアリーシャの出番が増えたことに伴い師匠である彼女の出番も増加している。
グレイブガンド盆地での戦いのあと、帰還したところをバルトロの配下に国家反逆罪で捕らえられてアリーシャを誘き出すためにレディレイクで磔にされる。
しかし、個人の感情より全体を優先するのが軍人であるという心得を守ると信じていて、自分ではなくハイランド国王の下に行くだろうと読んでいた。
解放された後は、ヘルダルフとの決戦のために北の大地へむかうアリーシャたちを共に行けないことを惜しみつつも見送った。


関連タグ

テイルズオブゼスティリア アリーシャ・ディフダ

関連記事

親記事

テイルズオブゼスティリア ているずおぶぜすてぃりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247412

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました