ピクシブ百科事典

ミーナ・クー

みーなくー

ミーナ・クーとは、フロムソフトウェアのゲーム『キングスフィールド3』の登場人物である。
目次[非表示]

設定

ラルーゴの町で商店を営むハイエルフの女性。

父親のエルラスが『1』主人公のジャン(アルフレッド王)と交友を持っていた為、
幼い頃からヴァーダイト城を頻繁に訪れており、『2』の主人公アレフとは顔見知り。
『3』の主人公であるライル(王子)の事も知っていた。

純粋な心を持ちながらも聡明な人物であり、
アルフレッド王の乱心後、ラルーゴの住人は王族に恨みを抱くようになったが、
彼女は今だ王を信じ続け、王子であるライルにも好意的かつ協力的に接する。
また、ハイエルフに崇拝される神シースの本性をも見抜いていた。
戦闘能力も高いらしく、魔物が徘徊するヴァーダイト各地を旅できる実力を持つ。

ライルが「イシリウスの鍵」を必要としている事を知るとラルーゴを離れ、
氷の平原でライルと再会した後、父が消息を絶った地であるガラン渓谷へ向かう。
そこで父の行方と、彼が所有していた「イシリウスの冠」を捜索していたが、
凶悪な怪物ガランリザードに襲われ、ライルが着いた頃には既に殺害されていた。
その為、ライルは彼女を殺したガランリザードを倒してイシリウスの冠を奪還する事になる。

このイベントはどのような手段を使っても回避する事は出来ず、
彼女の死体を調べても「ミーナの死体」という簡素なメッセージが表示されるのみ。
しかも、その場を離れて戻ってくると死体すら消失してしまう。

ヒロインのように描かれていたキャラクターですら呆気ない死を遂げるという、
キングスフィールドシリーズの過酷さ、無常さを象徴するイベントと言える。

死にたい人にお薦めの危険な王国ヴァーダイト



また、死体の近くには彼女がアレフから貰ったという「ミーナの指輪」が落ちており、
これを竜の泉に戻す事でアレフの亡霊と会い、彼の剣技を学ぶ事が出来る。

海外版では名前が「Lyn」に変更されたほか、トゥルーエンディングの内容も一部改変されており、
(以下、日本版に順じたキャラクター表記、設定で解説する)
ミーナの肉体は滅んだものの魂は闇に屈しなかった為、大地の神ヴォラドの手で蘇生。
(死体が消失したのはヴォラドに回収されたからと考えられる)
シースを滅ぼしてとなったライルのになるという、ハッピーエンドを迎える事が出来る。

余談

防具「グレートヘルム」と消費アイテム「」を販売しているのはミーナだけであり、
彼女がラルーゴを離れるとグレートヘルムを入手する機会は永久に失われる。
矢は冒険中に幾度か拾う機会があるが、安定した供給手段は断たれてしまうので、
グレートボウ(弓)を主力武器にしたいなら買い貯めしておく必要がある。

関連項目

フロムソフトウェア キングスフィールド 悲劇のヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「ミーナ・クー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183

コメント