ピクシブ百科事典

メメント

めめんと

メメント(memento)とは、ラテン語で「思い出せ」の意であり、mementos,mementoesで「記念品」「思い出」を表す英語になる。一般にメメント・モリ(memento mori)=「死を思え」の一語として知られる。
目次[非表示]

メメント (映画) - Wikipedia
メメント - allcinema

外部リンク


映画 / 洋画 / アメリカ映画 / 映画の一覧
サスペンス / フィルム・ノワール / 記憶

memento
メメント・モリ(メメントモリ)
森音メメント

関連タグ


公開 - 2000年9月3日(アメリカ) / 2001年11月3日(日本)
上映時間 - 113分
製作国 - アメリカ合衆国
言語 - 英語

データ


監督・原案 - クリストファー・ノーラン
脚本 - ジョナサン・ノーラン
製作 - ジェニファー・トッド / スザンヌ・トッド
製作総指揮 - クリス・J・ボール / アーロン・ライダー / ウィリアム・タイラー
音楽 - デヴィッド・ジュリアン
撮影 - ウォーリー・フィスター
編集 - ドディ・ドーン
配給 - サミット・エンターテインメント(アメリカ) / 東芝/アミューズピクチャーズ(日本)

スタッフ


役名配役日本語吹き替え
レナード・シェルビーガイ・ピアース小山力也
テディジョー・パントリアーノ後藤哲夫
ナタリーキャリー=アン・モス塩田朋子
サミー(サミュエル・ジャンキス)スティーヴン・トボロウスキー小林勝也
レナードの妻ジョージャ・フォックス安藤麻吹

キャスト


クリストファー・ノーランの長編2作目となるサスペンス映画。
弟のジョナサン・ノーランが書いた短編小説『Memento Mori』を基としている。執筆中に映画化の許可を得ており、異なる内容になっている。双方の制作にも時間がかかったため、完成は同時期になったという。

事件の顛末から発端まで、少しずつ時間をさかのぼる展開が大きな特徴。
これは記憶を10分間しか保てない主人公の設定のためであり、観客に記憶喪失を疑似体験させる。

アメリカでは11館の小規模公開だったが、口コミの評判で500館以上に拡大。アカデミー賞ゴールデングローブ賞をはじめとした数々の受賞に輝き、ノーランの出世作となった。

概要


レナード・シェルビーは、一人の男を追っていた。妻をレイプし、殺害した犯人である。レナードも現場で重傷を負わされ、以後のことについては10分間しか記憶が保てない後遺症が残ってしまった。
手がかりは自分の筆跡でメモし、画像はポラロイドカメラで記録する。そして重要な事実は刺青として自分の体に刻み付けた。
容疑者は《ジョン・G》というらしい。

冒頭、レナードはついに《ジョン・G》に復讐を果たす。映画はそこから時間をさかのぼり、真相を明らかにする。

あらすじ


『メメント』(Memento)とは、2000年に公開されたクリストファー・ノーランの映画。

pixivに投稿された作品 pixivで「メメント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190261

コメント