ピクシブ百科事典

モリドー(NYTO)

こーどすぱいだー

モリドー(NYTO)とはドールズフロントラインに登場する人物、モリドーの正体である。
目次[非表示]

概要

があると随分と楽しくなりますね。勝敗の決まりきったゲームは傍観するに尽きます。ええ、お前もそう思うでしょう?」

大型イベント「鏡像理論」で登場したモリドーは一貫してゲス顔、ゲス言動、ゲス行動の三拍子の揃った悪役とし活躍。
水面下にて暗躍を繰り返し、パラデウスの勢力を広げていた。

そして、ラストシーンにて露わにしたその本性がNYTO態のモリドーであった。

変貌

소녀와 거미


もはや用済みですね、”わたし(いもうと)”。

何をしようとしていたかは今となっては知る由もありませんけどォ…お父様を裏切っては…いけませんよォ…!


実は彼女、指揮官が同行していたマホーレンとは姉妹同士であり、彼女をNYTOとして見捨てられた存在と見下していた。
元々工作用に作られたNYTOで会ったらしく、双子の片割れである戦闘要員のNYTOとしての個体が彼女(素体は本拠地で秘匿されていた模様)。すなわち彼女はマホーレンと同一人物の存在であった。ちなみにマホーレンが戦闘能力を持たなかったのも、姉が戦闘全般を担当していたため。
ストーリー内では指揮官に同行していたマホーレンがパラデウスを裏切った事に気付き、指揮官ごと始末しようと画策(プラス情報収集をしようとしていた)。

まず手始めに、マホーレンとの合流場所へわざわざマホーレンと同じ格好をして変装し潜入。
声と容姿が瓜二つなのを利用して指揮官を嵌めて情報を得ようとするが、当然言動がサイコパスなのですぐにバレてしまった。
しかし丁度その時マホーレン(本物)が来た為作戦を変更。

背中にしまっていた捕脚を展開し、接近してきたマホーレンを捉えて拘束。
指揮官への嫌がらせの為だけにマホーレンを眼前まで引っ張り出し、彼女の首筋に針を突きつけた。
狼狽する指揮官に対して情報提供と引き換えにマホーレンを助けるよう持ち掛ける。
当然返答に困る指揮官だが、モリドーはなんとそれを一通り見終わった後に、いきなりマホーレンの心臓をブチ抜き(なんとそのシーンはちゃんとグラフィックになっている)こちらに接近してくる。
どうも返答に関わらず殺すつもりだったようだ。

心臓を穿たれたマホーレンは、最後にどうにか指揮官へ言葉を贈ろうと微笑みかけようとするが、モリドーの凶刃によって昏倒。結果この一撃でマホーレンは死亡してしまうが、ダンドリーの尽力で人形もといデータとなってグリフィンへと帰還することが出来た。帰還後は指揮官やダンドリーに付いて回っているようだ。後日談では社内カフェで指揮官と会話を交えている姿も見られる。

反対に、NYTO態のモリドーは様々な要因が重なったために、満足に反撃すらできず取り逃がすこととなってしまった。そもそも彼女にはゲーム内でも接近すら十分に行えていない上、コリブリやデリンジャーの援護がなければメンバー全員が命の危機に晒されていたほど危険な状況であった。

NYTOバージョンの容姿

表情も変身前より邪悪なものに変わっており、主な戦闘こそ私兵兼妹の個体に任せるものの、いざというときは自分から戦闘に参加するなど好戦的になっている。
主な外形は姉妹機と同じく節足動物モチーフなのか、蜘蛛のような姿をしている。
なお、人間態と違って髪が真っ白であり、全体的に華奢である。そして、顔にはニヤニヤとした笑みを常時浮かべており邪悪な印象が漂ってくる。ここは人間モードと全く変わらない。
全体的な姿形は妹とほぼ変わらない。しかし能力面は全く逆であり、彼女は先端に蛇のような意匠を持った四本の捕脚を駆使して攻撃を行うバリバリの攻撃タイプ。
捕脚、四肢を合わせて丁度足が八本の蜘蛛に見えるデザインとなっている。
SDでもうねうねと捕脚を動かしながら不敵にマップ内を歩き回っている。

윌리엄 정체


その動きからついたあだ名がスパイダーマン。(しっかりファンアートも大量生産されている。)
なお、四本あるうちの上の捕脚二本はどっかの賞金稼ぎの武器のような針型、下の捕脚は蛇の頭のような形になっている。マホーレンを殺害したのは前者の針である。
ステージ内での作戦能力は脅威の「18675834」、勝てる気がしない。そもそも勝てない。
その為ステージではうまく彼女を避けて通らなければいけない。言わば敗走戦である。
なお、同じステージには彼女の面倒な妹もいるため(加えて自由に動き回っている)ただ逃げれば良いというステージではないので、慎重に部隊を進めよう。
以外にも、融合勢力の頼もしいメンバーを使用すると、彼女らが視界を確保してくれるため、あっさり逃げ切れるのでお勧め。

本編最後では

本章最後では指揮官に追い詰められたものの、とある行動を取ってマホーレンを殺害させつつ逃げおおせた。なお、本人は指揮官を舐め腐っていたためかなり油断しており(実際護衛もつけずに出歩いていた)、もう少し早く攻撃を加えれば仕留められたと考えられる。

また、余談だがプレイヤーからは変装について、「マホーレンが服変えてきたら一発でばれるだろ。」とかなり笑いものにされていた。

関連タグ

ドールズフロントライン
NYTO

関連記事

親記事

コメント