ピクシブ百科事典

ラム級仮装巡洋艦

らむきゅうかそうじゅんようかん

イタリア海軍が保有していた仮装巡洋艦の艦級。
目次[非表示]

概要

元々は当時イタリア植民地であったソマリランドからバナナ欧州に運ぶための貨物船として計画された、やや小型ながら高速で冷蔵設備を備えた貨物船。
植民地省傘下の「王立バナナ専売公社」の所属船ということもあって、戦時には仮装巡洋艦へ改修することを前提に設計されていた。
輸送のローテーションを組むために4隻が建造され、1937年から38年にかけて竣工・就役した。
就役から2年間は貨物船としてソマリアとイタリアを何度も往復してバナナをはじめとして様々な品物を輸送した。
1940年にイタリアが第二次世界大戦に参戦するとイタリア海軍に徴用され、仮装巡洋艦や病院船として就役することとなった。

No艦名造船所起工進水竣工戦没
一番艦ラム1アンサンルド社・ジェノヴァ1936/10/291937/07/221937/12/061941/02/27
二番艦ラム2CRDA・モンファルコーネ1936/12/141937/06/071937/09/061945/01/12
三番艦ラム3アンサンルド社・ジェノヴァ193619371938/4現存
四番艦ラム4CRDA・モンファルコーネ1937/01/041937/06/071937/10/271942/05/10

知名度は低いものの、姉妹それぞれ数奇な運命を辿っており、姉妹4隻で計5カ国の軍籍を持ち、計6回の撃沈or自沈を経験したのは後にも先にも彼女ら4姉妹だけだろう。
詳細は各ページに譲るが長女以外は非常に個性に富み、ネタも豊富なのだが、マイナーさ故かメディアに取り上げられることは少ない。
…皆さん、擬人化のネタとしてどうですかね?

補足

船名について

ラム級の船名は、日本では「ラム○世」と表記されることが一般的。
しかし、ラム(RAMB)は上述の「王立バナナ専売公社(Regia Azienda Monopolio Banane)」の略称であり、「ラム○」と表記するのが正確と言える。

関連項目

仮装巡洋艦 イタリア海軍

バナナ:本来はこれを輸送する予定だった。

関連記事

親記事

仮装巡洋艦 かそうじゅんようかん

子記事

兄弟記事

コメント