ピクシブ百科事典

リオン・タイプF

りおんたいぷえふ

リオン・タイプFとは、スーパーロボット大戦OGに登場するリアルロボット(アーマードモジュール)である。
目次[非表示]

概要

リョウト・ヒカワが使用していた武装強化型のリオン。武装だけでなく、運動性も強化されている。
トーマス・プラットに時限爆弾を仕掛けられていたため、発見したロバート・H・オオミヤがハガネの甲板上で取り外した。
後にアーマリオンとして改修されるが、アーマリオンに改修されたものはリョウトが乗っていたものとは別のリオン・タイプFである。

スペック

分類:空戦型アーマードモジュール
形式番号:DCAM-004F (RAM-004F)
全長:20.1m
重量:36.8t
空中浮揚機関:テスラ・ドライブ
基本OS:LIEON
開発者:フィリオ・プレスティ
製造:イスルギ重工
所属:ディバイン・クルセイダーズ地球連邦軍

武装

バルカン砲/マシンキャノン
ホーミングミサイル
レールガン

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG
アーマードモジュール リオンシリーズ
リオン アーマリオン
リョウト・ヒカワ

コメント