2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

リズレさん

りずれさん

リズレさんとは、ぎばちゃん原作のWEB漫画『ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

ある世界、ある国のあるところで、幼少期に奴隷として悪党に攫われたエルフさん。その後は、非情な世界で心身ともに深刻な傷を負わされて〜云々〜なんやかんやあってエルフさんは薬売りさんに助けられ、彼から懸命で暖かな思いやりのある治療を受けている。

エルフさんのお話しは、彼女の回復を綴った治療記録でもある。

なお、作品のタイトルが長いせいか、各話にはタイトルの代わりに「リズレさん」のタグが付けられることが多い。

キャラクター像

金髪と緑眼、そして長い耳が特徴なエルフ。更に素晴らしいものも持っている

センシティブな作品


しかし、前の主人によって「さんざん弄ばれた」せいで、上の画像からも見てわかるようにハッキリ言って酷たらしい有様となっていた。
彼女と出会った薬売りさんの診察では―

  • 手足壊疽は進んでいるのか、包帯が巻かれている(恐らく自力での活動もままならなず、事実として食事も人の手を借りなかければならなかった)。
  • 体全体に痛々しいの痕や切傷打撲裂傷の数々が見られる。
  • は殆ど剥がされており、は奥歯の数本以外が抜かれてしまっている(は損傷してなかったことから、辛うじては喋る事ができる)。
  • 聴力は失われていないが、エルフの特等的な耳が傷つけられた跡がある。
  • 両目とも視力はなく、左眼球は物理的に消失している。

となっており、もし処理や保護を断れば命が危ない事や、彼女の消え入りそうな声で発した心からの「ささやかな願い」を耳にしたことから、薬売りさんは彼女の購入(救命)を決意。なお、質屋から請求された引き渡し金は「家畜一頭分に満たない」額であった事から、それに憤慨した薬売りさんは内密に済ませる意味も込め「手数料も多めで」とエルフの娘を引き取った。


エルフさんは、言葉に表さずとも分かる非情な仕打ちを受けてきた事や、きっと長らく生きた者ではなく只の物として扱われてきたであろう状態から、薬売りさんと出会った時には殆ど感情を失っていた。質屋から出立する際の荷支度で触れたりしても、終始無反応で意思の疎通も困難であったが、涙を流せない訳ではない。


薬売りさんと出会った頃は、彼から話しかけられても「・・・。」と無言だったため、エルフさんの本名など素性は不明。それでも彼女の治療を決意している薬売りさんから願いを込めて、渾名「リズレ」を与えられる。

センシティブな作品


その意味はズバリ「復活」である。

時系列で未来に当たる画(サムネイル画像)だと、多少の傷跡は残っているが五体満足にまで回復し感情も取り戻しているようだ。

容姿の変化


センシティブな作品


薬売りさんと出会った当初は、肌着としても粗末なボロ布と、手足に包帯が巻かれていたエルフさん。

センシティブな作品


薬売りさんが暮らす静かな村へ移住してからは、村人から譲ってもらった女性ものの衣服を纏うようになる。髪も手入れされ、体中に湿布などを貼られていながら可愛らしい様子になったが…。

作中での動向

エルフさんは幼少時に奴隷として悪党に攫われ、悪い金持ちによって心身ともにボロボロにされ、捨てられる形で質屋に押しつけられてしまう。そんな彼女がいる都市を訪れていた薬売りさん運命の出会いを果たす。

薬売りさんに購入(救命)されてからは静かな村に構えている工房へ運ばれ、そこで本格的な治癒を施される事となった。

ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん⑬


村人からは快く受け入れられているようで、村娘・モネからは無垢で温かな笑顔で接せられている。
薬売りさんの懸命な治療や、村人からの声掛けから、少しずつ感情を取り戻している様子が垣間見える(特に、エルフ特有の長耳が「ぴこぴこ」動く様を観察すると分かりやすい)。

しかし、薬売りさんの工房でまともな設備がある環境へ移ったとはいえ、リズレさんが負った「傷」は相当深く困難が続く。
ある日には、高熱の発症や神経毒(おそらく、前の主人が悪意を持って仕込んだもの)を盛られて倒れるなど、苦難に見舞われてしまう。


それでも、薬売りさんはめげることはなく、村の馴染みであるアネとモネ親子の力を借りながら、神経毒を治す薬を作ることに成功。そして……

ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん⑲


彼女の瞳に、喪われたはずの『光』が灯ってきた―――


解毒剤に使用した材料の成分が視神経にも影響したのか明暗の判別ができる程度だが視力が回復。
たどたどしくも会話ができるようになったが、以前までの虐待の影響か薬売りさんに拾われる以前の記憶を失っていた(そのため、本当の名前も「帰りたい」と願っている故郷のことも不明のままである)。
それでも、会話や食事をこなせるまでに回復していた事から、薬売りさんは記憶喪失を様子見にしてリズレさんの身体の回復を優先するのであった。

第32話時点では、回復当初よりは話せるようになっており、食事も脂っこいものでも普通に食べられるようになっている。喜怒哀楽もハッキリ出せるようになったが、視力や手足の壊疽のこれ以上の回復の見込みはないため、薬売りさんに背負われて彼の友人の闇医者アダムスカ(アダム)のところまで旅することに。
あと一歩のところで薬売りさんが過労で倒れてしまうが、とっさにもしものために持たされていた信号を発する魔道具の首飾りを発動させ、アダムに救助された。

しかし、アダムの診察の結果は、失った左目は仮に眼球があっても回復不可能(おそらく、視神経が損傷していると思われる)、手足に至っては腐食の呪いもかけられており、もはや手遅れであり切断しないと命にかかわるという残酷なものだった……。
リズレさんはショックを受けながらも薬売りさんたちを信じて任せることを決意。アダムが研究用に保存していた「コレクション」から適合しそうな右腕と左足が見つかったため、切断と移植手術が実施された。

手足の移植は成功し、まだ自分の意思で動かせないものの神経は繋がり出した兆候が見られるようになり、こちらは改善がみられるようになった。
しかし、アダムによれば女性としての機能も破壊されており、治療は一応可能なのだが大きなリスクを伴うらしい(詳細はリズレさんにのみ話されており、薬売りさんはまだ知らない)。

腕のリハビリの最中、薬売りさんから彼が多くの人を殺めたという過去を明かされる。しかし、それでもリズレさんの彼への恩義は揺らぐことはなかった。
そして、薬売りさんと向き合おうとする思いが奇跡を起こしたのか、彼女の右目の視力が完全に戻った。

……ただし、薬売りさんの顔をちゃんと見えるようになったことから、介助されるたびに彼を意識するようになってしまい、赤面する日々を送っている。

現在では上記のように治療困難な個所も多数残っているが、全身の傷が(流石にあとは残るが)ほぼ塞がり目立たなくなっているなど、確実に回復はしている。

ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん㊷


56話時点では、右腕も次第に動かせるようになっており、それまで手書き文字だったセリフが活字表記になったことから、言葉も流暢に喋れるまでになっていることが示唆される。

回復してきた彼女は、恩返しもかねて薬売りさんを手伝いたいと思うようになり、薬売りさんから「一人で動けるようになったら」と提案されたことで奮起。
今まで以上にリハビリに精を出し、その結果、4ヶ月後には手足は自由に動くようになり、松葉杖で歩けるまで回復、薬売りさんを手伝えるようになっている。

関連サイト(外部リンク)

過去編


スケッチ



↓リズレさんの未来?


関連タグ

ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん
エルフ エルフ娘 治療 復活
薬売りさん(ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん)

関連キャラクター

シルヴィ(奴隷との生活):前の主人から虐待を受けた事で身心に深い傷を負っているが、医学の心得がある主人公によって心身共に治っていくキャラ繋がり。しかし、胸の大きさは正反対である。

コアラ:長らく非情な仕打ちに遭って心が壊れかけた上に、背中に消えない焼印を残されたが、偶々出会った恩人彼の海賊団との交流を経て人並みの心を取り戻し(焼印の方は『ある方法』で解決した)、現在では心身ともに元気な成長をみせている。因みに、大人へ成長後の容姿はリズレさんとある特徴が似る。

ラフタリア:奴隷として捕まえられた挙句、前の主人の虐待で心身ともに弱まったが(しかも親友を亡くした)、こちらも主人公によって助けられた(なお、主人公はある理由で人間不振に陥っていたが、それでも己の意思で彼の剣になると誓った事で彼を救う事となった)。
胸の置きさは当初は正反対と思われたが、成長を迎えた後はナイスバディになっている。

関連記事

親記事

ボロボロのエルフさんを幸せにする薬売りさん ぼろぼろのえるふさんをしあわせにするくすりうりさん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リズレさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13789159

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました