ピクシブ百科事典

リネスクス

りねすくす

両生綱・分椎目リネスクス科に属し、古生代ペルム紀後期の南アフリカ共和国に棲息した大型の両生類の1つである。ライネスクスとも。
目次[非表示]

概要

中型の両生類の仲間である。
学名の意味は「鼻のワニ」
全長2m、体重100kg程度。
食べ物は昆虫、小型の両生類、時にはディイクトドン等の肉食性。

特徴

リネスクス科の特徴として頭部は扁平な三角形をなし、頭蓋骨後部にある眼窩は小さく、上方に向いている。頭蓋骨は若い個体では丸みを帯びているが、成長に連れて伸長していく。小さな多数のを具えており、魚食性であったと推定されている。干ばつ時には、ハイギョの如くの中に身を潜めて繭のような物を作り、自分の体を包んで休眠出来たようである。

関連タグ

両生類 イモリ オオサンショウウオ
迷歯類 クーラスクス

関連記事

親記事

分椎類 ぶんついるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リネスクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント