ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

理想を理解しない愚か者理解しつつ無視する愚か者聞く耳さえ持たない愚か者……不毛な戦いは終わりにしましょう!」


演:セイン・カミュ

概要

ホラーと人間の共存を目指している大物ホラー。


普段は白いスーツを着た白人男性の姿をしており、その状態でも魔戒騎士を圧倒する程の戦闘力を持つが、本来の姿は純白の巨大な悪魔と言えるものである。


人物像

紳士的でホラーの中では珍しく人間との共存を考えており、その一環として“コミュニティ”と呼ばれる集落を作っている。

10年前に魔戒法師イユと出会い、彼女の歌に惹かれて保護。

やがて争いの無い世界を望むイユを愛するようになり、コミュニティの設立へと繋がった。


コミュニティ内では教祖的な存在として振るまい、窮地に陥った人間に対しては穏やかな口調で救いの手を差しのべているが、その実態は「多数の人間を生かすために少数の人間を共存のための『礎』として犠牲にする」という独善であり、コミュニティのルールに従わない人間に対しては容赦なく処罰する冷酷さも持ち合わせている。

それらの思想故に番犬所からは危険視されている。


コミュニティ

人間とホラーが一緒に暮らしている集落。

表社会で生きられなくなった人間達を保護する駆け込み寺的側面もあったようだが、その一方ではホラー達が安全に人間を喰らうための餌場という役割も兼ねている。

定期的に住人達の中から1人が生け贄に選ばれ、対象となった人間は血のドルチェにされてホラー達に喰われてしまう。

なお、リング自身は人間を喰らう事を極力避けており、イユの歌でホラーとしての本能を抑制している。


劇中で直接描写されたシーンは少ないが、住人の大半がただ目先の保身しか眼中にない者ばかりであり、中には保身のために平気で他人を犠牲にして助かろうとするエゴイストや逃亡中の犯罪者まで含まれる。

また、コミュニティ内のホラー達は表面上はリングに付き従っているが、そのほとんどが住人達をただの餌としか見ておらず、血のドルチェの調達が遅れたら即座にリングを裏切る事も辞さない模様。

早い話が羊と狼を同じ檻の中に入れるようなものであり、絶狼こと涼邑零から「人間をドルチェにして喰うのが共存か!?」と全否定されている。


理想の崩壊

人間とホラーの共存という理想のために暗躍していたが、人間達を思うがままに味方に付けたコミュニティも、イユを除く住人達との思想の不一致、零の介入、一部の住人の想定外な自己保身、イユの娘ユナ等といった様々な要因で次第に綻びが生じ始めてしまい、更には配下のホラー達が次々と零達に討伐されてしまった。


終盤では「零を殺した者には生け贄に選ばれずに生活できる身分を与える(意訳)」と住人達を扇動して(人間を殺さない)零を追い詰めたものの、直後にユナの存在でイユの歌の効力を失った途端に本能を押さえられなくなって本来の魔獣となり、その姿を目の当たりにした住人達が我に返って逃走。

トドメと言わんばかりに本能に負ける形でイユを喰らってしまい、理想を台無しにした零達に襲いかかった。

最期はユナのサポートを受けた零の斬撃で敗北。利害無しで人間を護る魔戒騎士の信念を「思考の放棄」と一蹴しながら消滅した。


なお、コミュニティから逃走した住人達の末路は不明であるが、魔戒騎士には人間社会に干渉する義務が無いため、逃走後に法の裁きを受けた者もいたと思われる。


関連タグ

絶狼 BLACKBLOOD ホラー(牙狼)


戸沼充:リングとは逆に女ホラーを愛した人間の男性。

御月カオル:牙狼シリーズのヒロインの1人であり、ホラーの返り血を浴びて血のドルチェになりかけたが、ヴァランカスの実で事なきを得ていた。


グルジェフエス(仮面ライダーゼロワン):理想郷を謳う教祖的な特撮悪役繋がり。前者は監督が同じである。


童磨:こちらも表社会で生きられなくなった人間を保護する教祖的な悪役。ただし、リングと違って人間を喰らうことに何の躊躇いも無い。


カルト自粛警察ツイフェミ:独善的な善意の押し付けで少数を犠牲にする思想が共通しており、いずれも人間でありながらも危険性はリングに勝るとも劣らない。

関連記事

親記事

BLACKBLOOD ぶらっくぶらっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 539

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました