ピクシブ百科事典

自粛警察

じしゅくけいさつ

自粛警察とは2020年に誕生した「〇〇警察」系のインターネットスラングの一種。自粛ポリス・コロナ自警団とも呼ばれる。
目次[非表示]

「態々カーテンで目隠ししてまで営業して協力金請求しようと思ってませんよね?
これで請求したら詐欺罪か偽証罪になりますよ。」
(4月23日、高円寺のビストロ店へ自粛警察によって貼られた貼り紙の文言の一部)

本来「〇〇警察」というネットスラングは、自分にとって気に入らない批判をする人物を叩く為のレッテル貼りに使われている言葉である。この言葉は冗談でも、誰かに向かって使わないよう自重すべきである。

概要

2020年新型コロナウイルスであるCOVID-19が日本のみならず世界中に蔓延する中、国から国民へ感染拡大を防ぐ意味合いで不要不急の外出を自粛するように呼びかけられている。
その自粛を呼びかける人の中でも個人の名誉を侵害したり、器物損壊行為を行う過激派を指した「自粛警察」の行為が全国的に大問題となっている。
国民1人1人互いにストレスが積み重なる中、「自分は我慢しているのに」という思いが迸った結果が不要な相互監視を招いてしまうことになった。
コロナウイルス発生以降、東京では24件(2月)の警察への通報数が約42倍の1000件(4月)に増えるなどその在り方が如実に表れている。

主な行為

飲食店

  • 「休業要請」に応じない店舗への脅しを兼ねた張り紙や窓ガラスを割るなどの器物損壊

 休業要請は強制ではなく、営業するかどうかの判断は経営者の判断に委ねられている。要請はあくまで要請であり、「禁止」ではない。
また、テイクアウト専門であれば自粛対象には当たらない。

  • 時短営業しているにも関わらず脅しの張り紙を貼る。
  • ある駄菓子屋に3月下旬から休業しているにも関わらず「コドモアツメルナ。オミセシメロ。マスクノムダ」という張り紙を貼る。
  • 注文した覚えの無いピザが配達される。
  • ラーメン店に「あなたの店が繁盛=公害であることを忘れるな」という手紙が届けられる。

他県ナンバー狩り

  • 自分の住んでいる県以外の車やバイクなどに対して、ナンバープレートを撮影し、ネットに晒し上げる
  • ナンバープレート・サイドミラー・後部窓ガラスの落書きや破壊行為


別の県から納品に来たトラックや出張などでその県に来た会社員が旅行者・パチンコ遠征と勘違いされたなど全く関係の無い人たちが被害を受けている。それを回避するために「私は〇〇県に住んでいます」「〇〇ナンバーではありませんが△△県・市在住です」というステッカーが販売される、行政が「県内在住証明書」を発行する事態まで生じたが却ってこれが差別を生んでしまうのではないかという指摘がある。

パチンコ屋への過度な自粛要請

  • 3密を生み出しやすいとして休業要請を出されたパチンコ屋に対して上記の張り紙行為や行列に対しての通報。


 もちろん、きちんと要請に従っている店もあるが倒産・閉店の危機に遭い、開けざるを得ない店というのもあるにはある。
これに伴い行政側が要請を守らない店舗名を公表することに踏み切った。
結果、客と自粛警察と呼ばれる人物がもみ合いの喧嘩に発展するなど悪循環が発生してしまっているほか、4月28日の5ちゃんねるでは店舗に対して「ガソリンを持ち込み爆破する」という爆破予告を書き込む事件が起きた。
このほかにも、5月上旬には兵庫県神戸市のパチンコ店の前で、自粛警察気取りの炎上YouTuberへずまりゅう」が店側や来店客を執拗に挑発して対立を煽り、最終的に本物の警察のお世話になる様子が全国放送されるなど、自粛警察を大義名分にして故意に対立や騒乱を引き起こそうとする者まで現れた(この件との関連は不明だが、後にへずまりゅう自身も7月に感染している)。

子供への行為

子供が外に出ようとしたので止めたらトラブルになった子供が外で遊んでいる公園でサッカーをしているなど子供に対する通報なども多くみられるようになった。
これに関連してか5月4日の横浜市金沢区の公園の砂場にてカッターナイフの替え刃20本以上が散乱しているのが見つかった。下手すると大怪我に繋がる可能性もあったが幸い怪我人はいなかった。

その他

  • 旅行鞄を持っていた為に、旅行者と勘違いされ口撃された看護師
  • 外でいちゃついているカップルへの過度な通報
  • 無観客で営業しておらず、有料の配信を行っていたライブバーへ警察を呼ぶという脅迫行為
  • バスで咳をしただけの客を通報

など些細なことに対しても魔女狩りを髣髴とさせる行為が日々行われている。
など挙げればキリが無いがこのような行為が平然と行われている。

マスク警察

マスクを着用していない人に対して攻撃をする自粛警察の派生タイプ。
単に付けていない人もいるのだが、付けたくても付けられない人や転売厨などによるマスクの買い占めにより普通に手に入れることが出来ない人も多いのが実情。
11月現在、マスクの供給は安定したが、『マスク=気軽に使えるもの』という認識は薄い。

飛沫警察

飛沫の拡散を過度に恐れた結果、他者の会話に規制を掛けようとする徒党。
マスク未着用かつ、TPOを無視した大声ならばある程度の理解は出来るものの、飛沫警察は会話そのものの規制に走っている為、基本的人権の侵害をしているに等しい
勿論、それに規制を掛けようとして、飛沫警察が大声で注意する=自らが飛沫を拡散していると言う愚行を犯している

なぜこのような行為が行われるのか

諸外国では罰金や実刑を伴う強い措置が取られており、日本では個々の意識に任せた「お願い」をする形で成り立っている。
ただし、その「お願い」が成り立っているのも国民同士の「同調圧力」による相互監視が強制力として働いているのではないかとみる意見がある。
政府が要請をしているから」という後ろ盾を得ることで正義側に立ち、見知らぬ他人に対しても強い言葉で圧力をかけることが出来てしまう
日本人は「世間体」を気にする国民性が強いため、このような同調圧力や相互監視が起きやすいとも考えられる。
更に「他罰感情」を煽ることになるパチンコ店の店名公表などの行為も自粛警察を過激化させる一因となっている。

正体?

多くの場合、「正義中毒によるクレーマー」として自粛警察と一括りにされているも、実際は対象に対して日頃(新型コロナウイルスの流行以前)からの不満を募らせていたり、逆恨みも含んだ個人的な恨みを持つ人間とも推測が出来る。

  • 近隣の競合店の店主、又はその関係者(「客や売り上げを取られて気に食わない」、「うちの店は臨時休業にしたのに何であいつの店は営業を続けるんだ」等)
  • 度を過ぎた子供嫌い(「子供が騒いでうるさい」、「自宅近くに子供が集まってくるのが嫌だ」等)
休校により退屈になった子供が騒音源になったり私道で遊ぶ道路族になったりするケースが後を絶たず、近隣住民とのトラブルになるケースが増えつつある。

あくまで憶測であるが、自粛警察は人間関係にありがちなトラブルから生まれたものとも言えよう。

自粛警察『警察』

上記の自粛警察とは逆に、他人に迷惑を掛けない範囲で感染症対策している人を自粛警察と呼んで貶す「自粛警察警察」も増えている。
具体的には「死ね」「殺してやる」などの暴言を吐いたりする行為(実際はネット弁慶だったりする事が多いが…)や、感染を広げようとする発言を行うなどが挙げられる。
自粛警察が憎いからと言ってノーマスクで人通りの多い屋外をうろついたり不要な越県をしたりして新型コロナウイルスに感染した場合、家族や職場に多大な迷惑が掛かるので要注意である。何事もやり過ぎは良くない。

自粛警察=悪なのか

この自粛警察が話題になると共に、騒動に便乗した問題行為が増えている。
Wordなどのテキストツールを使って嘘の苦情の文面を作成する自作自演が簡単にできるので、Twitter上で「こんな張り紙をされた」「こんな手紙を送られた」などという嘘の内容の投稿(いわゆる嘘松が横行している。

繰り返しになってしまうが「〇〇警察」の由来を知っていると不愉快に思う人物も少なくない。
石川県内のとある旅館が「自粛警察プラン」を出したが、行動が過去の東方Projectオンリーイベントで「come on 東方警察」といった煽り方をした女装コスプレサークルと似ている事、旅館の所在地(市名)が弓道警察騒動の発端となったキャラクターの名前と同一という点から「自粛警察だけではなく~警察が成り立った騒動を知っていたとしたらかなり悪質」と批判されている(実際googleのレビューでも「文面が攻撃的で気持ち悪い」「陰で客の悪口を言ってそう」などと叩かれている)。

また、感染症対策が不十分な飲食店、騒音主や道路族(子供に注意をしない親)、違法駐車の常習犯など、明らかに非があるものに対し正当な苦情を送った人物を一方的に自粛警察と決めつけて被害者面する問題もあり、一概に自粛警察が悪と見なす事はできない。

なお「〇〇警察」はTwitterを中心にネットで定着しているスラングで、不都合な批判を排除できるマジックワードの要素を含んでいる蔑称である。
それに加え、マスコミや左翼思想を持つ著名人が前述の特高警察になぞらえてマスメディアで多用することもあり、ネット以外の場所でも目にすることが増えている。

東方警察騒動及び弓道警察騒動を振り返ると、このスラングを使用する側に問題のある言葉なので不快に思う人物も数多くいるという事を肝に銘じよう。

ただし、犯罪行為や迷惑行為をする者は言語道断だが。

関連タグ

転売厨 - こちらも新型コロナウイルスに関連した社会問題。
合成の誤謬 - 元は経済学用語。自粛警察のような本末転倒を防ぐための思考法。
バッタヤミー - 仮面ライダーオーズに登場する、行き過ぎた正義感の具現化とも言える存在。自粛警察が問題になった際にもこれを連想するという声が上がっていた。
仮面ライダーアバドン - 劇場版仮面ライダーゼロワンREAL×TIMEに登場する量産型ライダー。自粛警察を象徴するかのようなライダーの登場に、ファンは「すごく考えられたモチーフだ」と高評価を得ている。
隣組 - 戦時中に存在した約10軒を1グループとした町内会の下部組織。主に物資の配給や防空活動などを行っていたがそれぞれの組の隣人同士の相互監視や思想統制なども行っており、これらの活動が今の自粛警察に似ていると言われている。

関連記事

親記事

Covidiot こびっでぃおっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「自粛警察」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37018

コメント