ピクシブ百科事典

ルナル

るなる

『ルナル・サーガ』や『ガープス・ルナル』に登場する世界。
目次[非表示]

友野詳による小説『ルナル・サーガ』やRPG『ガープス・ルナル』の舞台となる世界。

概要

中世風ファンタジー世界で、広大な宇宙に浮かぶ平面世界の周囲を太陽と七つの月が回っている。
月にはそれぞれ系統の異なる神々がおり、知的種族は崇める月や神によって違う種族へと分化している。

世界設定

月・太陽

太陽

「至高なる輝きの地」と呼ばれる次元への門で、太古の創造神がルナルの創造後に一部の従者達を連れてこの門を通って世界から去っていった。

白き輪の月

常時天頂に留まっているリング状の月で、太陽創造時に二つに分離したルナル以前から存在した創造神の住処の片割れ。
創造神が作って使役した霊的なロボットである天使が住んでおり、現在それを使役するのは知的種族の中からまれに生まれる先祖帰りの個体であるウイザードである。

万色なる彷徨いの月

不規則な軌道を持つ万色の月で、白き輪の月の中央から分離した創造神の住処の片割れ。
神は住んでいないが、この月を崇める者は半人半獣の姿になり、中には自然などを操る超能力を授かる者もいる。どの色を崇めるかによって動物や能力は異なる。

銀の月

銀色の月で、創造神がいなくなった後に外宇宙から飛来してきた。
クトゥルフ神話を元にした地水火風を司る異形(心身とも)の神々が住んでおり、崇める種族は地・水・火・風ごとに巨大ヤドカリ・知的スライム・爬虫人・蝙蝠人間になる。飛来後に異次元的な文明を発展させたが、現在この神々は古代の龍族と相打ちしてともに眠りについている。

緑の月

緑色の月で、銀の月の文明が衰退したあとに飛来した星のかけらに多数の動植物を捧げる魔法の儀式で月に育て上げたもの。
かつて万色の月の緑色を崇めていたエルファが作って崇めており、動植物に関する魔法を授ける。

黒の月

黒色の月で、第二の緑の月を作ろうとして失敗した結果できた魔界に通じる門。
階級分けされた邪悪な霊的生命体悪魔が住んでおり、崇める者は以前の種族の特徴を残したまま邪悪な種族となる。

赤の月と青の月

赤い月と青い月で、悪魔との戦争時に同時に飛来してきた双子の月。
住んでいる神々も赤と青で兄弟姉妹の関係にあるが、赤い月の側は混乱と解放、青い月の側は秩序と束縛を司る。人間が赤と青の両方を、ドワーフが青の月のみを崇めている。


登場キャラクター

アンディ・クルツ
エフェメラ・クルツ
サーライト・ティーグ
ヤン・グレード
アーシェリカ・グレード
ノイエ・シュナイト
アナルダ・ハルシュタット
黄金の姫
白金の姫
青銅の姫
鋼の姫

神様

ガヤン 青い月の神で、言葉を司る法と契約の神。
シャストア 赤い月の神で、言葉を司る物語と虚偽の神。
サリカ 青い月の神で、記憶を司る信念の神
アルリアナ 赤い月の神で、記憶を司る忘却と気まぐれの神。
ペローマ 青い月の神で、知恵を司る知識の神。
タマット 赤い月の神で、知恵を司る幸運とひらめきの神。
ジェスタ 青い月の神で、環境を司る沈黙と境界の神。
リャノ 赤い月の神で、環境を司る流れとざわめきの神。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルナル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6523

コメント