ピクシブ百科事典

ロビン(黄金の太陽)

ろびん

黄金の太陽に登場するキャラクター。第1作目においては主人公を務める。
目次[非表示]

概要

黄金の太陽シリーズに登場する主要キャラクターの一人で、第1作の『開かれし封印』にて主人公を務めた。大地をつかさどるヴィーナスのエナジスト。

人物

黄金の太陽の舞台となるウェイアードのアンガラ大陸中央部に位置する霊峰アルファ山のふもとにあるエナジストの隠れ里であるハイディア村の生まれ。
キャラクターイラストやゲーム中のグラフィック、『開かれし封印』における主人公特有の無口から大人しめの印象を受けるものの、実際の性格はかなりアグレッシブ。
頭の回転が速いためか自分だけで考えを完結させるきらいがあり、親友のジェラルドから「たまに何を考えているのか分からない」と言われることも。
公式でイケメンであり、ゲーム中では幼馴染のジャスミンやコウランという少女から想いを寄せられていたほか、30年後が舞台の物語では、かつてロビンたちが道中で助けたモブ少女やハイディア村の女子のほとんどがロビンを好きだったという事実が発覚する。
左利き。

開かれし封印のロビン

14歳のころに村を襲った大嵐による災害で父を失う(後に生存が判明)。17歳のときにアルファ山山腹にあるソル神殿へ行き、そこで幼馴染の少女ジャスミンと村に滞在していた学者のスクレータを人質に取られる事件が発生。またその事件が元でアルファ山が噴火してしまう。
ジャスミン達の救出と、アルファ山の神ワイズマンの指示によって危険な錬金術解放を阻止するためにジェラルドと共に旅立つ。
途中、同じくエナジストであるイワンメアリィを仲間に加えて旅を続け、ついに宿敵であるサテュロスとメナーディを倒すものの、ジャスミンとスクレータの救出はならず、彼らを追ってレムリアの船で旅に出るところで物語りは一旦幕を閉じる。

失われし時代のロビン

プレイヤーサイドが変更になるため登場は後半からになるものの、前作でロビンたちと関係のあった人物が何度か登場するほか、行く先々でロビンたちと思われる戦士の一団の話が聞ける。
物語りの進行上、プレイヤーとは敵対の立場となっている。物語が後半に差し掛かるといったところで、敵に襲われているところで登場する。不意打ちを食らい不利な状況で戦いを余儀なくされるものの善戦するが、一瞬の隙を取られ敗北。
ジュピター灯台での一件のあと、ふもとの村でガルシアたちと和解。パーティメンバーに加わる。
前作までは無口だったロビンだが、主人公でなくなったため普通に会話をする。その際一人称や性格も判明する。

漆黒なる夜明けのロビン

前作より30年後が舞台。幼馴染のジャスミンと結婚し、息子のムートをもうけた。
前作のラストで発生した地殻変動によって姿が変わったアルファ山を監視するため、アルファ山の向かいにあるゴマ山脈の頂上のアルファ山監視小屋にてムート、ジェラルド、テリーとで監視生活を行っている。
髭を蓄え年齢は47歳を超えているものの、黄金の太陽と呼ばれる特殊な現象の光を浴びたため年齢に対して肉体の老化が著しく鈍化しているため、ほぼ全盛期と同じ力を持っている。
ジェラルドの息子であるテリーが大事な道具であるグライダーウィングを壊してしまったため、アルファ山監視のためゴマ山を離れられない自分にかわり、息子のムートにグライダーウィングを修理するための道具であるロック鳥の羽を入手するようお使いに向かわせる。
ムートを突き放つように旅に行かせたものの、心配はしており、仲間の精霊である地のジンのソロをムートの旅のお供にさせている。
かつて世界を救った8人のハイディア戦士(8人のうち4人がハイディア村出身だったことからついた通称)と呼ばれる戦士の一団の一人としてその名は世界に知られている存在。
二人いたリーダー格のうちの一人であり、前作のラストのあとも活動していたため、その際にロビンらに世話になったという人物も登場する。

ゲスト出演

大乱闘スマッシュブラザーズXでは、使用すると使用したキャラをアシストするアシストフィギュアとして登場。使用すると、ムーブのエナジーを発動させ相手を場外に押し出そうとする。使いどころによっては復帰阻止のとして非常に有効。

3DS/WiiUには登場していないが、最新作のSPECIALでは復活。攻撃パターンがXよりも増加し、両手で掴むキャリーや叩きつけるプレスと思われるエナジーも行うようになった。

声優は日本語、日本語以外共有で原亜弥(現・一龍斎貞弥)が担当している。

関連

黄金の太陽 漆黒なる夜明け ムート

関連記事

親記事

黄金の太陽 おうごんのたいよう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロビン(黄金の太陽)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24791

コメント