ピクシブ百科事典

かん

䍺とは中国の奇書『山海経』に記載される妖怪。メイン画像は擬人化アレンジ。
目次[非表示]

概要

山海経』の「南山経」に記載される、洵山という日向には、日陰には玉(宝石)が産する山に棲むのような姿で口が無い幻獣で、とも表記する。

その正体は気が凝って生じたものであり、生き物ではないので殺すことができない。

捜神記』によれば、監獄の罪人の憂いによって生じた青い目の山羊のような7~10mもある大きな獣とされ、地面に足が沈むほど重いため人力では動かすことはできない。

代に武帝が巡幸した際にも現れて道を塞いだが、同伴していた東方朔が患であることに気づいてをかけさせたところ、憂いが晴れたのか消え去った。

創作での扱い

『中国妖怪辞典』において『捜神記』の解説が用いられ、大きな草食獣の姿が描かれた。
この妖怪画の元ネタは『アフターマン』のドゥーガロイド・スノークである。

関連イラスト

【山海经半拟人】䍺
秦 綰


関連タグ

山海経 捜神記 中国妖怪 幻獣  山羊 幽霊

関連記事

親記事

山海経 せんがいきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「䍺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント