ピクシブ百科事典

一路真二

いちろしんじ

『逆転裁判5』の登場人物。
目次[非表示]

概要

逆転裁判5』第三話の登場人物。
私立テミス法律学園の弁護士クラスの担任教師。45歳。身長は196cmとこれまでのシリーズのキャラクターで最も長身。
デザインのモチーフは石膏の彫像。古代ギリシャや古代ローマの哲学者のような外見をしており、笑顔がちょっと怖い(心音談)。
礼儀正しい人柄とは裏腹に『手段を選ばず結果のみを求める法曹』という教育方針をとっており、宇和佐集芽など一部の生徒たちに支持されている。

被害者の道葉正世と同じくテミス法律学園を首席で卒業しており、弁護士の資格も持っている。
ちなみに道葉の方が先輩である。

名前の由来はガリレオ・ガリレイが死没した年(1642→いちろしんじ)から。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転裁判5
希月心音 森澄しのぶ 厚井知潮 静矢零
道葉正世 宇和佐集芽

















ネタバレ





ここから先は『逆転裁判5』のネタバレです!






















【ネタバレ】豹変!【注意!】


道葉正世を殺害した真犯人。
自分が生徒やその親から賄賂を受け取って試験の点数を操作していたことを知った道葉を口封じのために殺害し、更に現場や証拠品をねつ造して学園祭で行われる模擬裁判を利用したアリバイ工作を行うことで、模擬裁判の台本の作者である森澄しのぶに道葉殺害の濡れ衣を着せた。
それらの偽装工作はしのぶの弁護を担当した心音によって暴かれたが、逆に心音を精神的に追い詰めて過去のトラウマを思い出させ、心音を一時思考停止の状態にまで追いやった。
しかし、しのぶ、知潮の説得で立ち直った心音に全ての犯行を完全に立証され、緊急逮捕された。
その教育方針が示す通り、目的のためなら手段を選ばない、正に法の暗黒時代を象徴するかのような人物である。

本性を現すと、髪型が古代ローマの兜を彷彿とさせる形に変わる。豹変後の一路は「スパルタ(スパルタ教育の由来として有名な古代ギリシャの都市)」をモチーフとしており、まるで鬼軍曹や鬼教師のような表情と口調になり、時々チョークを投げつけてくる。
この時の彼が見せる黒板芸は一見の価値アリ。
イイじゃん!無罪で!

pixivに投稿された作品 pixivで「一路真二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14766

コメント