ピクシブ百科事典

三体

さんたい

三体(The Three-Body Problem)は、劉慈欣(Liu Cixin)のSF小説。地球往事三部作の第1作目。転じて、シリーズ全体の呼称。
目次[非表示]

概要

三体(The Three-Body Problem)は、劉慈欣(Liu Cixin)のSF小説である。地球往事三部作(Remembrance of Earth’s Past)の第1作目にあたるので、転じて、シリーズ全体を指す場合もある。英訳者はKen Liu。

1960~1970年代の中国、及び近未来の地球と宇宙を舞台とする。

ストーリー

三体

文革から危機紀元の始めまでを描く。

黒暗森林

危機紀元を始めから終わりまで描く。

死神永生

コンスタンティノープルの陥落(西暦1453年)から、宇宙の熱的死間近(西暦10018906416年ごろ)までを描く。

登場人物

「三体」「黒暗森林」両方に登場

常偉思(Chang Weisi)
中国軍内での「三体」対応の責任者。階級は少将で、「三体」では陸軍所属だったが、「黒暗森林」では新たに創設された宇宙軍の政治部司令官(要は政治将校のトップ)となる。
「三体人」「地球三体協会」に関する軍・警察関係者による国際会議や複数国家が連携した作戦では中心的立場になる事が多い。

史強(Shi Qiang)
がさつだが、現実主義者であると同時に柔軟な発想が出来る有能な警察官。所属は、北京市警察のテロ対策部隊→地球防衛安全部。
軍隊にいた事があり、その時の上官は常偉思。
作中では大史(「史兄貴」と言った意味)と呼ばれる事が多い。
「三体」ではナノマテリアルの研究者である汪淼の、「黒暗森林」では4人目の「面壁者」である羅輯の護衛担当となる。
ちなみにヘビースモーカー。

三体

葉文潔(Ye Wenjie)

【三体】今度しかない...


地球三体協会(Earth Three-body Organization, ETO)の精神的リーダー。自分の目標を達成するには、夫を犠牲にすることも厭わず。

マイク・エヴァンス
地球三体協会の中でも最過激派の「降臨派」(三体人による人類滅亡を望む者達)の首魁にして、地球三体協会の事実上の創設者。
多国籍石油企業CEOの息子だったが、子供の頃に父親の仕事の正当性に仕事に疑問を持ち、自然保護運動家となり、中国で絶滅危惧種であるツバメの一種の保護を行なっている際に葉文潔と知り合う。
その後、中国での活動は失敗し、失意の内に中国を去るが、皮肉にも袂を分った筈の父親に多額の遺産(兄弟姉妹の中で最も多い)を残される。とは言え、莫大な父親の遺産を持ってしても、環境破壊とその背後に有る貧困その他の諸問題を解決するには程遠く、また「人類」そのものに失望していたせいもあって、葉文潔より聞いた「三体人」による地球侵略を支援する組織として地球三体協会を設立し、活動拠点であり「三体人」との通信施設でもある大型船「審判の日(ジャッジメント・デイ)」号を作る。

汪淼(Wang Miao)
ナノ・マテリアル「飛刃」の開発を行なっている学者。
世界中の基礎研究に関わる科学者達が、次々と、自殺その他の不可解な行動を取る中、応用分野の研究者である筈の彼の身にも「人類絶滅へのカウントダウンを思わせる数字が見え初める」と云うホラーめいた現象が起き……。

黒暗森林

羅輯(Luo Ji)

罗辑与庄颜


大学教授ではあるが、大した学術的な業績も、それどころか学問への情熱すらなく、生活の為に学者をやっているような人物で、性格・私生活についてもかなりの駄目人間。
しかし、三体人に対抗する秘策を編みだす使命を受けた4人の「面壁者」最後の1人に選ばれてしまう。もちろん、他の3人の「面壁者」(アメリカの元国防長官、対米戦争に勝利した南米の小国の大統領、世界的な脳科学の権威)に比べると能力・業績ともに著しく見劣りがする。
果たして彼が、人類を救う使命を受けた「面壁者」に選ばれた理由とは……?
そして、最終的には、初めて「黒暗森林理論」を発見した地球人となる。

章北海(Zhang Beihai)

三体2:自然选择号


宇宙戦艦「自然選択」の艦長。
元々は、21世紀の中国軍人(所属:海軍→宇宙軍)。中国軍内での役割は政治将校。
親友すらも「敗北主義者」として告発するほどの熱烈な「勝利主義者」であり、宇宙軍から「敗北主義者」「逃亡主義者」を徹底的に排除し続けてきた。
優秀な軍人であると同時に、自分の信念や「三体人」に対する勝利の為には軍人としての本分に外れた違法行為を自分の手で行なう事さえ厭わないある種の狂信者。
同時に父親からは「他人に真意を見抜かれるな」「深く複雑な思考が出来る人間になれ」と云う教育を受けてきた。
そのせいもあって、21世紀の時代の中国宇宙軍の政治部司令官である常偉思からは、信頼を寄せられる一方で、その強固で熱狂的な信念の源が全く見えない事を不審がられていた。
「三体人」との最終決戦に備え、人工冬眠につくが、人工冬眠より目覚めた後、ある意外な行動を起し、最終的には戦艦同士での「暗き内ゲバ」で死ぬ。
ある意味で、人類は持っているが三体人は持っていないある能力の体現者にして、人類より派生していると同時に人類とは相容れない新文明を生み出しながら自分自身は人間性を捨て切れなかったが故に新文明の一員になれなかった人物。

死神永生

雲天明(Yun Tianming)

云天明


女の子に星を贈った人。のちに脳だけが三体星人の艦隊に送られる。

智子(Tomoko)

智子


三体星人が作った対人コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース。日本刀を愛用する。

関連項目

キラッとプリ☆チャン
84話に登場した星姉ぇのプリチャンアイドル時代の名前「三体星智子」は、本作から取っていると思われる。

関連記事

親記事

SF小説 えすえふしょうせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三体」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1665142

コメント