ピクシブ百科事典

今井京介

いまいきょうすけ

今井京介とは、「はじめの一歩」のキャラクターである。

「いつだって踏み込んで力勝負! それがボクシングだろ!?」

概要

CV:中村悠一

フェザー級プロボクサー。憧れの幕之内一歩を倒すため音羽ボクシングジムに入門し、プロに転向した。礼儀正しく勤勉且つ実直な性格の自信家で、その実力もスパーリング幕之内一歩が本気になるほど高い。一歩と同じタイプのインファイターであり、板垣学とは高校時代から自他共に認めるライバル同士である。
板垣の板垣菜々子に想い寄せているが、全く相手にされていない。
実家は板垣家とは対照的に非常に裕福であり、それ故に両親は多忙で満たされない幼少期を送っていた。

【一歩】板垣vs今井


(左が板垣で右が今井)

プロ転向後は東日本新人王決定戦で鎬を削り、板垣を試合後に即入院させるほど追い詰めるも、すんでの差で判定負けを喰らう。これに関しては本人もそうとう悔しかったようで、「俺は試合に負けたが勝負にはほぼ勝ったようなものだ」と板垣に漏らしていたほど。
その後捲土重来を目指し(宮田に胸を借りたりしながら)地道に勝ち星を重ね、日本フェザー級2位となる。そして迎えたタイトルマッチで開始直後の突撃により板垣を逃げ場のないコーナーに追い詰め、1RでKO勝ちし日本フェザー級王者となった。本人曰く板垣との長期戦は不可能であり、2R以降まで先延ばしにしていたら確実にやられていたうえでの行動らしい。
その後、3度の防衛を果たし、いずれも板垣戦同様の1RKO勝ちという鷹村みたいな試合を進めている。

関連タグ

はじめの一歩
宮田一郎

pixivに投稿された作品 pixivで「今井京介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16698

コメント