ピクシブ百科事典

板垣学

いたがきまなぶ

板垣学は、漫画「はじめの一歩」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:浪川大輔

鴨川ジム所属。
日本フェザー級のアウトボクサー。身長168㎝。1975年8月14日生まれ(入門時18歳)

幕之内一歩を慕っている後輩。誰もがその才能を認めるほどに秀でたボクシングセンスの持ち主。何のスポーツでも楽にこなす運動神経を持ち、動体視力反射神経・空間把握能力に優れている。
とにかく一歩に対するリスペクトは高く、対戦相手をDisるようなシーンも多々見受けられる。一歩の彼女である間柴久美のことも好きではあるが、一歩が久美に向ける感情とは異なるとのこと。
......が、試合後のインタビューダジャレを連発するなどかなりの残念イケメン。本来アウェイである大阪でも、得意の駄洒落で観客をどっと沸かせた。

間柴とは板垣がスパーリングパートナーを依頼して以来、「家庭は決して裕福ではない」「モテる妹がいる」という共通項からか互いに本音を言いあえる仲。
あの間柴とキッチリ交渉し納得させる手腕は末恐ろしい。
高校時代に3戦3敗した今井京介をライバル視している。
板垣菜々子というがいる。実家は貧乏(板垣がパパに向けて「またリストラされちゃったの?」と言っているほど)ではあるが、板垣本人同様にしょうもないダジャレが大好きな明るい家庭板垣パパの頭含む)
幼少期から家が貧乏だったため動物図鑑をずっと読むことくらいしか幼少期にやることがなく、動物に詳しい。しりとりでは異常な強さを誇る。

梅沢正彦の退職に伴い釣り船幕之内の従業員として一歩と共に働いていたが、一歩復帰戦以降は警備会社就職し、釣り船幕之内を自主退職した(一歩に気負わせぬよう配慮した上での行動とのこと)。ちなみに梅沢からコネ疑惑が掛けられたものの、一歩によれば「お父さんが正社員じゃないからコネの掛けようがない」ようで、上役からその身体能力を買われてスカウトされたようだ。

能力

作中でも屈指の超人的なスピード動体視力を持ち、間柴からは「スピードだけなら宮田以上」と評価された。特に、千堂の弟子である星洋行との一戦で、窮地において周囲がスローモーションに見えるほどの超スピードを覚醒させ、本来なら伯仲するほどの実力の相手をわずか1ラウンドで圧倒、通常なら1発分の時間に5発のジャブをぶちかますというカウンターでKO勝ちを治めた。
ただし、これほどの速度はごく短期間、それも集中力が極限まで研ぎ澄まされた状態でしか使用できず、戦闘力のブレが多い。
最大のライバルである今井をしても「コーナーから出したら俺では決して倒せない」「まるで超能力者」とまで言わしめている。


関連タグ

はじめの一歩 茶髪 ヘアバンド

pixivに投稿された作品 pixivで「板垣学」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337980

コメント