ピクシブ百科事典

梅沢正彦

うめざわまさひこ

梅沢正彦とは、『はじめの一歩』のキャラクター。

概要

CV:真殿光昭
一歩の高校の同級生。高校時代はヤンキーで、竹村、松田らとつるんで事あるごとに一歩をいじめていた。
しかしプロになって真摯にボクシングに打ち込む一歩を尊敬するようになり、やがて一歩の応援団長となって試合には欠かさず駆けつけるようになる。
高校卒業後一度は就職したが、漫画家になりたいと言って会社を辞め、一歩をモデルにしてボクシング漫画を描きたいと釣り船幕之内のアルバイトとなる。一歩の沢村戦後、本格的に漫画家を目指して釣り船幕之内を退職。
釣り船屋での経験を元に描いた釣り漫画漫画賞で入選し、現在は連載作家アシスタントをしながら漫画家として奮闘している。鴨川ジムのグッズのデザインにも関わっている。
一歩がプロボクサーとして活躍するようになってからは、かつて一歩をいじめていたことに強い罪悪感を抱くようになり、一歩と一歩の母が揃っている時に自分の過去を正直に告白しようとした。だが、様子を察した一歩のは全てを告白する前に許した。そして釣り船幕之内退職の際、一歩からも親友だと言われ嬉しさのあまり涙していた。
生年月日は1973年10月3日。

pixivに投稿された作品 pixivで「梅沢正彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30316

コメント