ピクシブ百科事典

ヴォルグ・ザンギエフ

ゔぉるぐざんぎえふ

はじめの一歩の登場人物。
目次[非表示]

概要

cv:森川智之瀧本富士子(幼少時代)(アニメ版)
cv:中原茂(ドラマCD版)

フルネームはアレクサンドル・ヴォルグ・ザンギエフ
ロシア人。

元日本フェザー級2位、IBF世界ジュニアライト級4位、現WBA世界ジュニアライト級1位。
元フェザー級アマチュア世界王者。
リングの上では獰猛なほどの闘争心を見せるが、普段は少し抜けたところのある温厚な心優しい青年で、境遇・性格が似ている一歩と個人的に友情を築く。自信家で負けず嫌いな一面もある。

作中途中からアメリカに渡っているため、あまり出番は多くないが、ファンからの人気は非常に高い。

原作では茶髪、アニメでは赤髪

来歴

旧ソ連の貧しい母子家庭に生まれたヴォルグは”母を守れるような強い男になる”ことを胸に秘めボクシングを始めた。名伯楽と言われたルスラン・ラムダの指導の下めきめきと才能を開花し、プロ入りする前からアマチュアボクシングの世界王者に輝いていた。

日本にラムダとともに移住し、期待の輸入新人ボクサーとして音羽ジムと契約。なお、作中世界は1990年代という設定で、まだソ連が崩壊してから間もない時期のため、ソ連を「今は亡き祖国」と呼んでいる。

アマ時代の戦績は200戦にも上り、その豊富な戦闘経験からプロ入り後も快進撃を続けたが、A級ボクサー賞金トーナメント決勝戦にて一歩と対戦した際、スタミナ切れを狙った戦法にはまり逆転KO負けを喫した。
その後伊達英二が返上したフェザー級日本王者の座を巡って千堂武士と対戦するも、審判のホームタウンディシジョン(いわゆる地元びいき)ともとれる判定によって判定負けとなった。

二連敗という結果で商品価値がなくなったため、音羽ジムとの契約は解消となり、ロシアに帰国したが、最愛の母と死別したことを契機にボクシング界に復帰を決意。日本の一歩を頼りに来日し、鴨川ジムにて再起のための練習に明け暮れた。後に鴨川の旧知のトレーナーである浜団吉を頼ってアメリカに移住し、瞬く間に勝ち進んで世界ランキング1位を獲得。IBFジュニアライト級世界チャンピオンをタイトルマッチにて撃破し、念願の栄光を勝ち取った。

ファイトスタイル

世界でも屈指の洗練された技術を持ったボクサーである。加えて「野生」と形容されるほどの獰猛なファイティングスタイルも武器であり、相手に半端ではない威圧感を与えている。
インファイトもアウトボクシングもこなせる万能型のボクサーであり、地力で言えば一歩を完全に上回っていた。一方で、一歩よりも甘く優しい一面があり、殴り合いをするボクシングをあまり好きではないと語る一面がある。そのため、試合中に手心を加えるようなシーンもある。

得意技は左アッパーとチョッピング・ライトを高速でたたき付けるコンビネーション「白い牙(ホワイトファング)」。ほぼ同時とすら言える上下の連携は、鴨川会長をして「見たことがない」と言わしめる。

浜団吉の指導で後に「飛燕」と「燕返し」もマスターした。
能力的には弱点の無いボクサーだが、反面撃たれ弱い肉体の持ち主であり、優勢に試合を進めても相手から逆襲の一撃を受けて窮地に立たされることもしばしばである。

関連タグ

はじめの一歩 ヴォルグ アレクサンドル・ヴォルグ・ザンギエフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルグ・ザンギエフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256515

コメント