ピクシブ百科事典

伏見宮栄仁親王

ふしみのみやよしひとしんのう

伏見宮栄仁親王とは南北朝時代から室町時代の皇族。伏見宮初代当主。
目次[非表示]

概要

北朝3代崇光天皇の皇子。世襲親王家の伏見宮を創始。

プロフィール

続柄崇光天皇の第一皇子
出生正平6年/観応2年(1351年)
死去応永23年11月20日(1416年12月9日
配偶者三条治子
子女治仁王貞成親王
父親崇光天皇
母親庭田資子


人物

正平23年(1368年)に親王宣下。天授元年(1378年)に元服をした。父の崇光上皇は栄仁親王に皇位を継承を望んだが実現することはなく応永5年(1398年)に崩御した。栄仁親王は同年に出家した。法名は通智。応永16年(1409年)に伏見に住んだ。応永23年(1416年)に薨去。

関連タグ

皇族 皇室 崇光天皇 伏見宮 宮家 北朝

初代伏見宮第2代伏見宮
伏見宮栄仁親王伏見宮治仁王

関連記事

親記事

伏見宮 ふしみみや

兄弟記事

コメント