ピクシブ百科事典

崇光天皇

すこうてんのう

崇光天皇は南北朝時代の北朝3代天皇
目次[非表示]

光厳天皇の第一皇子。母は、陽禄門院(内大臣正親町三条公秀の娘秀子)。
名は最初は益仁後に興仁と名乗った。子に栄仁親王伏見宮の祖)がいる。

天皇時代

(1334年)建武元年旧暦4月22日(5月25日光厳天皇の第一皇子として誕生したが、北朝が成立した際、父である光厳上皇は興仁(崇光)ではなく花園法皇の皇子である直仁親王の立太子を望んだ。だが、光厳上皇に実子があるにも関わらず、従弟の直仁の擁立に異論を挟む廷臣が多く、光厳もやむなく興仁を立てることとし、暦応元年(1338年)に立太子される。
貞和4年(1348年)10月27日に叔父の光明天皇から譲位され即位。父である光厳上皇が院政を執った。皇太子には直仁親王が立てられた。実は直仁は光厳上皇が花園法皇の妃との間に産ませた子供であり、直仁の母が赤橋登子(足利尊氏の正室)の遠縁にあたることから、光厳上皇は幕府との関係によって直仁の子孫が皇位を継ぐのが望ましく、崇光天皇を「一代主」として位置づけようとしたのである。
その後、足利家の内紛から観応の擾乱が起こると、観応2年(正平6年、1351年)には尊氏が南朝に帰順することで正平一統が成立し、北朝は消滅。11月7日にいたって正式に廃位された。
正平7年(1352年)2月、南朝は京都から足利義詮の軍勢を排除して占領下においた。このとき、光厳・光明・崇光の3上皇及び廃太子直仁ら北朝の主だった皇族は南朝の本拠である賀名生へ拉致された。正平一統は破綻し、北朝は天皇の候補者となる皇子・次期天皇の任命権者である上皇(治天)のいずれも南朝方に連れ去られてしまったため、再興に多大な困難が生じた。たまたま南朝による拉致をまぬがれた光厳の第3皇子弥仁が擁立され、祖母広義門院が光厳に代わって任命する形式をとって即位した。これが後光厳天皇である。

上皇時代

賀名生に移された上皇3名と直仁親王は、正平9年(1354年)3月には河内金剛寺に移され、塔頭観蔵院を行宮とされた。10月になると南朝の後村上天皇も金剛寺塔頭摩尼院を行宮とした。だが、正平10年(1355年)には光明上皇のみ京都に返される。
金剛寺で3年あまりの抑留生活を送るが、南朝勢力が衰微して講和へ傾くようになると、正平12年(1357年)2月に光厳院、直仁親王とともに帰京する。不測の事態で皇位を追われた崇光院と、やはり偶然に皇位についた後光厳との関係は微妙なものがあり、応安3年(1370年)8月にいたって後光厳が自らの子息緒仁への譲位を望むと、両者の関係は決裂した。即位の事情から天皇としての正統性を疑われており、緒仁を正式に皇太子に立てることもできなかった後光厳に対し、崇光は自らの皇子栄仁の即位を要求して争った(直仁親王は既に出家)が、管領細川頼之が指導する幕府の不介入方針もあって、最終的には後光厳に押し切られ、後光厳から緒仁への譲位が実現した。後円融天皇である。さらに永徳2年(1382年)4月に後円融が皇子幹仁(後小松天皇)に譲位しようとしたときも、崇光は栄仁の即位を要求したが、このときは逆に将軍足利義満が積極的に紛争に介入し、後円融を強く支持したため、栄仁の即位は実現しなかった。
応永5年(1398年)1月13日、失意のうちに65歳で死去した。
なお、没後30年目の正長元年(1428年)、貞成親王の子で、崇光の曾孫に当たる彦仁王(後花園天皇)が、二人の息子に先立たれて後継者を失った後小松院の猶子として即位し、崇光の皇統が復活した。その後も後花園の正式な父親は後小松なのか貞成なのかをめぐって議論が起きるなど、不安定要素は残ったが、貞成が天皇の実父として太上天皇の尊号を獲得するにいたって、ついに崇光の皇統が正統な皇統として定着することになった。ちなみに貞成が死後に上皇として贈られた諱はその名も後崇光院であった。

在位中の年号

貞和、観応

諡号

遺詔により「崇光院」の院号が定められた。

関連項目

天皇 皇室 南北朝時代 北朝

pixivに投稿された作品 pixivで「崇光天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント