ピクシブ百科事典

伏見宮貞致親王

ふしみのみやさだゆきしんのう

伏見宮貞致親王とは江戸時代初期の皇族、伏見宮13代当主。
目次[非表示]

概要

伏見宮貞清親王の王子。一説では邦尚親王の王子という説がある。

プロフィール

続柄伏見宮貞清親王の王子
出生寛永9年5月27日(1632年7月14日
死去元禄7年5月18日(1694年6月10日
子女邦永親王理子女王
配偶者近衛尚嗣の娘、家女房
父親伏見宮貞清親王
母親少納言局
役職式部卿


経歴

丹波国に養子に入っていたが、父や兄弟たちが死去したことで伏見宮を継承する。万治3年(1660年)に親王宣下し、元服をした。

外部リンク

伏見宮貞致親王 - Wikipedia

関連タグ

皇族 伏見宮 江戸時代

第12代伏見宮第13代伏見宮第14代伏見宮
伏見宮邦道親王伏見宮貞致親王伏見宮邦永親王

コメント