ピクシブ百科事典

佐渡汽船

さどきせん

佐渡汽船は新潟県で本土と佐渡島を結ぶフェリーを運営する企業である。
目次[非表示]

概要

佐渡汽船の法的設立は1913年に設立された佐渡商船である。この企業は1885年に佐渡島と本土による折半で設立された越佐汽船会社が、新潟県本土の影響が強まり新潟汽船と改称した事に対抗し佐渡島側の資本で設立された。この競合に加え、1923年には佐渡島南部側が前佐渡汽船(1927年越佐汽船と改称)を結成し過当競争状態に陥った。このため新潟県は1932年、混乱を収束するため佐渡商船に残り2社を合併しさらに新潟県自身も出資を行う日本初の第三セクターとして佐渡汽船として再スタートさせた。
1977年には日本初のジェットフォイルを導入、このノウハウを他社にも惜しみなく伝えたことで佐渡汽船は日本のジェットフォイル普及に大きな貢献を果たした。
1975年に田中角栄によって国道350号線が新潟・直江津両航路と共に国道指定された。
2015年の北陸新幹線開業に向け大幅な改革が行われた。

船舶

2016年現在はフェリー3隻、高速船1隻、ジェットフォイル四隻を使用する。

おけさ丸

1993年~
フェリー。この名前は代々フラッグシップにつけられており、太宰治も旧代のおけさ丸について言及したという。

ときわ丸

2014年~
フェリー。老朽化が進んで故障も起きたおおさど丸を置き換える目的で登場。

あかね

2015年~
高速フェリー。これまで赤字続きの直江津航路だったが、北陸新幹線開通を機に増便とこがね丸置き換えを目的に登場した。

ぎんが

1986年~
ジェットフォイル、ボーイング社製でおけさとともに日本のジェットフォイルの歴史の幕を開いた。つばさ
1989年~
ジェットフォイル、川崎重工業製で日本初の国産ジェットフォイルである。

すいせい

1991年~
ジェットフォイル、川崎重工業製で佐渡汽船も設計に関わった。

あいびす

2005年~
赤字削減のため冬期運休となった寺泊航路にフェリーに変わって就航した高速船。

萌えキャラ

2015年7月に「あかね」という萌えキャラが登場した。(トップ画像のキャラ)さらに2016年には二人の姉である「おけさ」と「ときわ」が登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「佐渡汽船」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1410

コメント