ピクシブ百科事典

マルエーフェリー

まるえーふえりー

本州・鹿児島市内と奄美群島・沖縄を結ぶフェリー会社

概要

鹿児島県鹿児島市に本社を置く日本のフェリー会社で、旧社名は大島運輸。
鹿児島市、ないし東京大阪神戸含む)と、奄美大島徳之島沖永良部島与論島および沖縄県那覇新港を結ぶフェリーやRORO船を運航する。

特に東京と那覇を結ぶ航路は、国内航路としては日本最長(およそ1700kmを走破する)であったが、2014年を持って新型のRORO船に置き換えたため、旅客営業は終了した。
同航路では2009年に船舶「ありあけ」が座礁する事故が発生、同船の廃棄を余儀なくされる。これにより、かつて名古屋・大阪から那覇(マルエーとことなり全便が直行した)・宮古島石垣島を経由して台湾基隆高雄まで向かう国際カーフェリーであった旧有村産業の「クルーズフェリー飛龍21」を購入、繋ぎとして利用したが、結局貨物専業転換となった。
クルーズフェリーの名の通り、船内はかつて有村時代に営業されたバーラウンジなどが点在したが、殆どの施設は閉鎖され、バーはフリースペース(本棚があり、小説や漫画が置いてあった)となっていた。

特に本州航路の場合、カーフェリーというよりはコンテナ貨客船の形態を模しているとも言える。もちろん車も運べるのだが、主要荷物はフォークリフトによる荷捌きコンテナであり、特に関西航路の徳之島では10分で荷物を出し入れする華麗なリフト捌きが見れたりする。

鹿児島航路は旅客輸送上も重要航路の一つであり、東京線や大阪線が1隻の船で数日置きという運航の中、2隻の船を使用し隔日運航している(片道約25時間)。なお、空いている日は同航路を担当するもう一つのフェリー会社「マリックスライン」の船舶が就航している。

関連項目

フェリー
韓国フェリー転覆事故 - 事故を起こしたフェリー「セウォル号」は元々マルエーの鹿児島航路用「フェリーなみのうえ」(初代)であった。同航路就航時代は無事故だったという

コメント