ピクシブ百科事典

光の王マルデル

ひかりのじぇねれいどまるでる

光の王マルデルは、遊戯王OCGカードの一種である。
目次[非表示]

概要

2019年8月に登場したジェネレイドモンスターの1つで、花の形を模った髪飾りや、葉を連想させる装飾のある服を着こんだ貴婦人といった容姿のカード。ジェネレイドモンスター特有の同名カード展開抑制効果と、緩い発動条件で、同名カード以外のジェネレイドと名の付くカード、または植物族をサーチできる効果を持つ最上級モンスターでもある。

鉄の王の効果で展開したいモンスターの調達も見込めなくはないが、何より、ジェネレイドの展開の要である「王の舞台」をデメリット抜きで確保できるという点が大きい。
植物族主体カテゴリーなどへの出張も見込める効果で、チューナーやエクシーズ・リンク素材として有用なカードを確保できる「ローンファイア・ブロッサム」やレベル変更効果を持つ「スポーア」など、多種多様な植物族モンスターをサーチできる。
少々手間はかかるが、このカードと同じレベルにし、ランク9エクシーズの素材化が見込める「コピー・プラント」辺りも面白いか。
このカード自体、「星遺物の胎導」や先述のブロッサムなど、質の高いリクルートカードに恵まれているのも嬉しい。

ただ、最上級モンスターとしては攻守ともに控え目で、帝シリーズをはじめとする上級モンスターに戦闘破壊されかねないので、場持ちには期待できない。
同名カードを2体以上並べられない縛りもあって、フィールドに残しておくメリットが少ないので、効果でサーチした後は、展開後はエクシーズ召喚リンク召喚用の素材や、他のジェネレイドモンスターの効果発動用のコストにする等して、フィールドから離しておきたい。

また、難点というよりは贅沢な悩みに近いが、2019年10月に登場した汎用除去効果持ちジェネレイド、虚の王と同じ属性であるために「星遺物の胎導」を通して、このカードと同時展開できないという問題がある点には注意が必要。

カードテキスト

効果モンスター
星9/光属性/植物族/攻2400/守2400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。
(遊戯王カードwikiより引用。)

関連タグ

遊戯王OCG ジェネレイド  植物族

関連記事

親記事

ジェネレイド じぇねれいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「光の王マルデル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント