ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

八雲柊子

2

やくもしゅうこ

八雲柊子とは、漫画『八雲さんは餌づけがしたい。』の登場人物である。作品名から分かるとおり、この作品のメインヒロインである。

公式設定

年齢:28歳

身長:154cm

血液型:O型

(単行本1巻巻末より)


担当声優

TVCM版:久川綾


人物説明


数年前にを亡くしている未亡人

つばめ荘202号室住人。趣味料理読書

単行本第3巻の『おまけ4コマ☆女子大生編』によって描かれた18歳の頃の女子大生時代の姿により、 旧姓は「綾瀬(あやせ)」、母校は「東都大学 文学部」 であることが明らかになった。

現在は背中まで届くほどのロングヘアを、主に先で軽く束ねたヘアスタイルをしているが、女子大生編の時代は首元まで伸ばした髪を髪留めで留めているヘアスタイルだった。

西原ルイより「めっちゃいい乳してるやんけ!!」大和さくらより「おっぱいおおきいし…」評されるなど、公式に「巨乳」とされているようである。

モノローグでも語られているように、「趣味は料理」であり、「人に料理を食べて欲しいタイプ」である。

そのためか旧友である伊南川由梨曰く「柊子は生粋の餌づけ好きだもんねぇ」とのことであり、亡夫との馴れ初めも「大学の中庭でいつも一人でカロリーメイトを食べていたから、お弁当作って持っていたら一分くらいで完食されたから次から二個持っていった」などと、「栄養状態が不十分な食生活を送っている男性を見かけると気にかけずにはいられない」ようである(本人はこの感覚に対し、「なんていうのかしらねぇ」「こ――…」「ノラ猫とかにご飯あげたくなるじゃない?」と答えている)。


夫を亡くして以来、大好きだった料理も、久しく楽しいと思っていなかったものの、隣室に越してきた高校球児の少年、大和翔平と出会ったことから、彼に「餌づけ」と称し毎晩晩ご飯を振る舞ってあげるようになる。

実家は「クリームシチューをご飯にかけて食べる」派だったらしく、翔平に指摘されるまで「クリームシチューをご飯にかけて食べる」のが少数派だと知らなかった。

他の登場人物達がスマートフォンを用いている中、彼女だけは未だに少し古風なガラケーを用いている。

名前を出されるのも苦手なほど「G」で始まる恐怖のアイツが大の苦手。

運動は苦手らしく、翔平からダイエットのための運動を学んだときは軽い運動で酷い筋肉痛を起こしてしまった。


定職にはついておらず、夫と結婚式を挙げるために貯めていた貯金を切り崩して生活していたが、それが無くなったため終盤では近所のお弁当屋で働いていた。しかしそこも閉店したため、職探しをする羽目になった。最終的に何の職に就いたかは不明。


表面上は明るく振舞っているが、夫の死を今でも引きずっている。翔平が進級し野球部の寮に移ったことでまた「一人でご飯を食べる」日々に戻ってしまうが、そのことに気付いた翔平に「旦那さんの代わりにはなれないが一緒にご飯を食べることはできます!」と半ば告白のような言葉を贈られたことで救われた。


以降は離れ離れになりながらも手紙などで翔平とはやり取りを続け、翔平がプロになった最終回(明記はされていないが、あそらく32~33歳)では以前のように翔平を家に招いては一緒にご飯を食べる日々を送っている。

ただし、恋愛的な進展があったかはボカされている。


関連タグ

八雲さんは餌づけがしたい。

年上ヒロイン

未亡人

28歳

料理上手

メガネっ娘

眼鏡巨乳


外部リンク

公式設定

年齢:28歳

身長:154cm

血液型:O型

(単行本1巻巻末より)


担当声優

TVCM版:久川綾


人物説明


数年前にを亡くしている未亡人

つばめ荘202号室住人。趣味料理読書

単行本第3巻の『おまけ4コマ☆女子大生編』によって描かれた18歳の頃の女子大生時代の姿により、 旧姓は「綾瀬(あやせ)」、母校は「東都大学 文学部」 であることが明らかになった。

現在は背中まで届くほどのロングヘアを、主に先で軽く束ねたヘアスタイルをしているが、女子大生編の時代は首元まで伸ばした髪を髪留めで留めているヘアスタイルだった。

西原ルイより「めっちゃいい乳してるやんけ!!」大和さくらより「おっぱいおおきいし…」評されるなど、公式に「巨乳」とされているようである。

モノローグでも語られているように、「趣味は料理」であり、「人に料理を食べて欲しいタイプ」である。

そのためか旧友である伊南川由梨曰く「柊子は生粋の餌づけ好きだもんねぇ」とのことであり、亡夫との馴れ初めも「大学の中庭でいつも一人でカロリーメイトを食べていたから、お弁当作って持っていたら一分くらいで完食されたから次から二個持っていった」などと、「栄養状態が不十分な食生活を送っている男性を見かけると気にかけずにはいられない」ようである(本人はこの感覚に対し、「なんていうのかしらねぇ」「こ――…」「ノラ猫とかにご飯あげたくなるじゃない?」と答えている)。


夫を亡くして以来、大好きだった料理も、久しく楽しいと思っていなかったものの、隣室に越してきた高校球児の少年、大和翔平と出会ったことから、彼に「餌づけ」と称し毎晩晩ご飯を振る舞ってあげるようになる。

実家は「クリームシチューをご飯にかけて食べる」派だったらしく、翔平に指摘されるまで「クリームシチューをご飯にかけて食べる」のが少数派だと知らなかった。

他の登場人物達がスマートフォンを用いている中、彼女だけは未だに少し古風なガラケーを用いている。

名前を出されるのも苦手なほど「G」で始まる恐怖のアイツが大の苦手。

運動は苦手らしく、翔平からダイエットのための運動を学んだときは軽い運動で酷い筋肉痛を起こしてしまった。


定職にはついておらず、夫と結婚式を挙げるために貯めていた貯金を切り崩して生活していたが、それが無くなったため終盤では近所のお弁当屋で働いていた。しかしそこも閉店したため、職探しをする羽目になった。最終的に何の職に就いたかは不明。


表面上は明るく振舞っているが、夫の死を今でも引きずっている。翔平が進級し野球部の寮に移ったことでまた「一人でご飯を食べる」日々に戻ってしまうが、そのことに気付いた翔平に「旦那さんの代わりにはなれないが一緒にご飯を食べることはできます!」と半ば告白のような言葉を贈られたことで救われた。


以降は離れ離れになりながらも手紙などで翔平とはやり取りを続け、翔平がプロになった最終回(明記はされていないが、あそらく32~33歳)では以前のように翔平を家に招いては一緒にご飯を食べる日々を送っている。

ただし、恋愛的な進展があったかはボカされている。


外部リンク

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー