ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

勇尾

ゆうお

漫画「ゴールデンカムイ」のキャラクター、花沢勇作×尾形百之助のBLカップリングタグ。
目次 [非表示]

概要

ゴールデンカムイキャラクター花沢勇作×尾形百之助BLカップリングの作品につけられる。

お互いへの呼称は、勇作=「兄様(あにさま)」。尾形=「勇作殿」「勇作さん」「勇作」。


名字は違うが異母兄弟であり、弟×兄近親相姦である。

使用する際は金カム腐タグなど併用することをすすめる。 「規律がゆるみますから」


本編の勇尾

本編の時点で花沢勇作が死亡している為、尾形百之助や第三者の視点で物語は展開する。

しかし、死してなお花沢勇作は尾形百之助の中で明確に生き続けている。


勇作は腹違いの兄である尾形を慕い、避けられていると気付いていながらも尾形にまとわりついた。元々父親からの言いつけや軍の中での自分の立場を意識する真面目な性格であるが、規律が緩むことより部下である尾形を「兄様」と呼び、親交を深めることを優先するという一面もある。

人は皆誰かを殺すと罪悪感を抱くものだという考え方の勇作と対照的に、尾形は道理があれば人を殺しても罪悪感など抱かないと考えており、価値観の相違が目立つ。

尾形も罪悪感を抱くことのできる人間だと尾形の善心を信じた勇作だったが、旅順攻囲戦の最中尾形に狙撃され死亡する。この出来事により尾形は勇作に対し無意識に罪悪感を抱くようになり、幻覚や夢で勇作を見るようになる。


103話「あんこう鍋」

尾形が語る花沢勇作の初登場回である。

初登場時から勇作は既に故人であり、本誌掲載時は「高潔な人物」「少尉であること」「戦時中尾形が後ろから頭部を撃ち絶命させたこと」などを尾形が台詞で語り、その姿は遺影で描かれた。

コミックス修正時に兵営での二人のシーンが加筆され、「勇作」という名前や、隊を代表する優秀な聯隊旗手であること、部下である尾形を「兄様」と呼び屈託のない性格で交流があったことなどが描かれる。これにより花沢少尉の登場は7コマとなった。


164話「悪兆」、165話「旗手」

まさかもう出てくることはあるまい、と油断していた読者を弟兄愛憎エピソードで大量死させた衝撃の二話である。日露戦争派兵前(旭川)、派兵中(露)の2人のエピソードが二話に渡り詳細に描かれている。


187話「罪穢れ」

尾形が金塊争奪戦の中不殺を貫いているアシリパに、生前高潔であった勇作の姿を重ねていることが描写された。尾形がアシリパに言い放った「…お前達のような奴らがいて良いはずがないんだ」という台詞は165話での勇作の「人を殺して罪悪感を微塵も感じない人間がこの世にいて良いはずがないのです」という台詞を彷彿とさせる。


243話「上等兵たち」

初めて第三者が尾形と勇作の関係に言及した回である。

5話で崖から転落した尾形が入院中うなされながら「ううう 勇作…殿」と勇作の名を呼んだことや、勇作殺しの前に行った宇佐美との会話などが宇佐美上等兵によって明かされた。

加えて菊田特務曹長視点で、生前勇作が兵舎の廊下で尾形と話していた姿が描かれ、菊田はこの時の二人を「仲は良さそうだった」と表現した。


246話「アイヌの偶像」、252話「貯酒室」、253話「父の汚名」

アシリパに銃を向けると尾形の傍らに勇作が現れ、尾形の中で無意識に勇作が罪悪感の象徴となっていることが読み取れる。これにより252話ではヴァシリの銃弾を避けることができ、勇作の出現により結果的に尾形は助かったことになる。その後尾形は「俺を助けたのか? まさかな…そこまでお人好しではないだろう? 俺の邪魔をするつもりか…悪霊めが」と独り言を呟いている。


277話「花沢勇作童貞防衛作戦」、278話「花枝子お嬢様とふりちんノラ坊」

杉元の夢という形で回想が行われた。尾形が弟の存在を意識していることが度々垣間見える。


310話「祝福」

尾形が初めて罪悪感に向き合ったことにより、今まで明確に表現されていなかった勇作の顔がはっきりと描かれた。尾形が自問自答する中で「勇作だけが俺を愛してくれた」という台詞と共に勇作が楽しそうに尾形に話しかけている場面が確認できる。

錯乱して銃口を自身へと向ける尾形の後ろから、勇作も銃に手を添え「兄さまは祝福されて生まれた子供です」と囁いた。最後には勇作が笑みを浮かべた尾形を抱擁し、共に列車から落ちていく。


ファンブック

ファンブック内の質問箱にて、ぼっとん便所に片足がハマった勇作が尾形に着替えを借りたエピソードがあると回答されている。


特典ミニポスター

30巻の特典に描き下ろしミニポスターが配布された。

そこではなんと勇作が尾形を抱え上げており読者を驚愕させた。

【勇尾】30巻記念のアレアニサマッ!


アニメ4期

OP

尾形の眼前に巨大な肋骨服が一瞬現れる。勇作の示唆とも捉えることが出来る。


ED(コンセプトデザイン原作者)

尾形銃砲店』の広告に三十年式歩兵銃を持つ勇作が載っている。


金塊争奪戦名場面選手権

完結後に行われた名場面投票にて、兄弟の様子が作者コメントにより解説されている。

243話の兵営の廊下のシーン『近すぎる勇作から少しでも距離を置きたい様子の尾形百之助

278話の替え玉勇作のシーン『父に愛された異母弟はどんな高潔な人物かと想像していたら、汚い台詞を叫び局部を振り回す男で笑顔がこぼれた尾形百之助


インタビュー

完結後に行われた1万字インタビュー第4回目にて、兄弟の日常会話について明かされた。

勇作からは日常生活の楽しかったこと、自分の好きなこと、最近、街へ行って食べたおいしい食べ物、天気の話など。尾形からは父のことばかり質問していたそうです。


関連タグ

花沢勇作 尾形百之助 金カム腐 近親BL 弟×兄

関連記事

親記事

金カム腐 きんかむふ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53211336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました