ピクシブ百科事典

双葉理央

ふたばりお

双葉理央とは、青春ブタ野郎シリーズの登場人物の1人で、原作3巻「青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない」のヒロイン。
目次[非表示]

データ

学校峰ヶ原高校
学年2年生
身長155cm
誕生日10月23日
CV種﨑敦美


概要

主人公梓川咲太の数少ない友人の1人。峰ヶ原高校唯一の科学部員。登場自体は1巻から。
科学部なだけあって科学事象には詳しく、不可思議な現象である思春期症候群に対しても科学的にある程度の説明を付けれるため、思春期症候群に合った咲太が真っ先に相談する相手。実際、彼女が居なければ解決しなかったものが殆ど。ただ、本人は思春期症候群には否定的。

中学生の頃から女子的な部分の成長が早かったため、そんな自分の体を男子の話のネタにされていたのを聞いて以来コンプレックスとしている(男子の目も苦手になってしまった)。
その為、高校からはボディラインを隠すために、制服の上から白衣を着ている。しかしそれが原因で変人と思われてしまい周囲から孤立している。

常に冷静沈着で、一定の調子で話す。
ただ、下記の恋愛事情に触れられたりすると取り乱すこともある。

国見佑真に恋をしているが、佑真が上里沙希と付き合っていることも理解しており、心の内に留めている(と本人は思っている)。

家は本鵠沼駅から歩いて5分の住宅街にある一戸建ての豪邸。
父親は医師で、母親はアパレルショップの社長。
どちらも仕事が忙しく一年の半分くらいは家に帰らないため、ほぼ一人暮らしをしている。

劇中の動向(ネタバレ注意)

•1巻(バニーガール先輩 アニメ1〜3話)

咲太に桜島麻衣の思春期症候群を相談され、シュレディンガーの猫の話を例に挙げて解決を促す。
その後原因を突き止め、麻衣については学校こそが猫を入れた箱だと咲太に説明し、解決法のメモを渡す。
また、「国見のこと、大丈夫か?」と咲太に聞かれた際は、「もう慣れたから」と返答している。

•2巻(プチデビル後輩 アニメ4〜6話)

今度は時間がループして明日にならないという件を相談され、ラプラスの悪魔の話を挙げてループに囚われない方がいいと忠告する。
また、たまたま会った国見と話をしている時にやってきた咲太が気を使って出て行こうとした時には「変な気を使うな」と珍しく取り乱した。
その後、古賀朋絵との良くない噂を流されたと聞いた咲太が「運動部で鍛えてる上に、自分よりデカい奴に勝つ方法はないか」と聞いた際には「頭を使えば勝てるんじゃない?」とアドバイスした。

•3巻(ロジカルウィッチ アニメ7〜8話)

ヒロイン巻。
作中の7月30日にドッペルゲンガーの思春期症候群を引き起こす。
8月2日に家電量販店で咲太に牧之原翔子と会ったことを話される。
その晩、バイト帰りの咲太と咲太に会いに来ていた麻衣にネットカフェに入っていった所を見られ、追いかけた2人がその時かけた電話に出た理央とカフェにいる理央が違うことに気づき思春期症候群を発祥していたことがバレてしまう。
その後、カフェにいた方の理央は咲太の家に泊まることになる。

翌日、もう一方の理央は学校にいると読んで会いに来た咲太に、佑真を好きになった理由と分裂の原因は両方とも心当たりはあると話す。
その後、咲太は沙希から裏アカウントの存在を知り、帰宅した後それを察した理央は原因を話した。

原因は、夏休み前に作成したSNSアカウントで、何を書けばいいか分からず、本人曰く「一種の自傷行為」と自分のエロい自撮りを投稿したこと。
それを続けた結果、簡潔に言えば「誰かに構って欲しい理央」と「その為の手段が許せない理央」に分裂したのである。
また、両者共「私は私が嫌いなんだよ」と発言しており、それも起因していると思われる。

「構って欲しい理央」はその後もSNSの投稿を続けたが、ある日近くに住んでいるという変質者に目を付けられたため怖くなり、咲太に頼んでアカウントを削除してもらった。
落ち着かなくなってしまった理央は咲太を家に入れ、泊まってもらうことに。

そこで理央は暴露する。
咲太と佑真が居なくなってまた1人になるのが怖かったこと、高校に入って学校に行くのが少しだけ楽しくなっていたこと、佑真にも咲太にも彼女ができて構ってくれなくなってしまうんじゃないかということ。

それを聞いた咲太は夜中にも関わらず佑真を呼び出し、佑真も呼び出しに応じる。
それを見た「構って欲しい理央」は非常識だと言いつつ、1人じゃないことを再確認したのだった...

その後帰宅した咲太は「手段が許せない理央」に理央のスマホを手渡し、SNSにはもう投稿しないだろうと告げる。
しかし、「手段が許せない理央」は直前に撮った咲太、佑真、もう1人の自分の写真を見てしまい、自分が消えれば全て解決すると考え咲太の家消えてしまう。

咲太は何とか探し出し、他愛もない話をするが、理央は自分が消えればいいと応じない。
そんな理央に咲太は手を伸ばそうと言葉をかける。
しかし、そこで咲太は熱中症で倒れてしまう。

結果的に理央は救急車を呼んで咲太を助け、着いた病院で咲太に「自分なんて嫌いでいいんだよ」と諭され、自分と向き合うために自分に電話をかけ、思春期症候群を解消したのだった。

•4巻(シスコンアイドル)

今回も思春期症候群を相談されるが、夏休み中に咲太に「重い」と言われたのを根に持っており投げやりな態度を取った。

•5巻(おるすばん妹)

未登場だが、花楓のことを咲太から告げられていることが明かされた。

交友関係

梓川咲太

同級の友人。基本的に理央は彼には軽口を叩いているが、それでも思春期症候群の解決への糸口を教えたり、咲太が大変な時は助け舟を出している。
知り合ったきっかけは病院送り事件のせいで居場所がなかった咲太が物理準備室に逃げ込んだ際たまたま理央がいた為。
咲太は「一生友達してもらうつもり」だと思っている。
たまに理央は彼を「ブタ野郎」と読んでおり、作品タイトルにも入っている「青春ブタ野郎」もその派生の1つである。

国見佑真

片思いしている友人。普通に接しているが内心は複雑。理央はたまに彼の所属するバスケ部の試合を観戦している。
恋愛感情を持った理由は移動販売のパンを買いそびれた際に佑真からチョココロネを貰ったから(その時、それとは別にとある事情で落ち込んでいたためもある)。
ちなみに理央は気づいていなかったが佑真は薄々理央からの恋愛感情には気づいていた。しかし「どう返せばいいかわからない」と気づいていないふりをしていた。
3巻でお互いに思いを伝えて普通の友達関係に戻った。

桜島麻衣

友人の恋人その1。3巻で思春期症候群の話を聞いたり一時的に同居していたためか仲は良好。
連絡先を交換しており、咲太が浮気を疑われたり惚気たりした場合連絡すると理央から咲太への脅しに使われていたり、本当に連絡したことも。

梓川かえで

友人の妹。極度の人見知りだが3巻で一時的に同居した際すぐに打ち解けた。
また、花楓のことを理央は知っている。


関連イラスト

双葉理央
双葉



関連項目

青ブタ 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
梓川咲太 梓川かえで
桜島麻衣 古賀朋絵

pixivに投稿された作品 pixivで「双葉理央」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 466504

コメント