ピクシブ百科事典

合成モード

ごうせいもーど

色を合成する方式。
目次[非表示]

概要

デジタルで2つの合成する方法で、描画モードとも呼ばれる。
合成する側の色は合成色やソースカラーと呼ばれ、合成される側の色は基本色、合成された色は結果色と呼ばれる。
主に以下が存在。

名称一般的な働き関連論理演算
通常合成色で上書き
比較(明)明るい方に合わせる。OR
比較(暗)暗い方に合わせる。比較(暗)のAND版。AND
加算合成色と基本色を足す覆い焼き(リニア)とも。リニア線形を意味する。OR
減算合成色で基本色を引く。加算の逆演算。AND NOT
乗算合成色と基本色を掛ける。色の値が0~255な場合は、掛けた後に255で割る。AND
除算合成色で基本色を割る。色の値が0~255な場合は、割る前に255を掛ける。乗算の逆演算。OR NOT
焼き込み(リニア)合成色と基本色を共に反転させて加算した後、再び反転。結果的には、色の値が0~255なら、合成色+基本色-255となる。加算のAND版。AND
スクリーン合成色と基本色を共に反転させて乗算した後、再び反転。乗算のOR版。OR
オーバーレイ乗算とスクリーンを組み合わせ、合成色が明るい場合は明るく、暗い場合は暗くなるようにする。
ハードライト乗算とスクリーンを組み合わせ、基本色が明るい場合は明るく、暗い場合は暗くなるようにする。
差の絶対値引いて絶対値を取る。XOR
覆い焼き反転させた合成色で基本色を除算。加算と同じタイミングで白飛びが起こるが、基本色が暗い程明るくなり難く、白飛びが起こるタイミングでようやく追いつく。OR
焼き込み基本色を反転して合成色で除算して反転。覆い焼きのAND版で、基本色が明るい程暗くなり難い。AND

レイヤー単位の場合、重ねる方は対象レイヤー、重ねられる方はソースレイヤーと呼ばれる。
半透明の効果(アルファブレンド)とはまた別枠で設定する形となっている。

関連イラスト

描画モード・合成モード全27種 効果早見表【講座補足】



関連タグ

描画モード変更推奨 レイヤー機能 混色 エフェクト
加算レイヤー 減算レイヤー 乗算レイヤー 除算レイヤー
CG デジタル絵 写真 画像

関連外部リンク

計算式からみる描画モード(前編) - なんだか雲行きの怪しい雑記帖

pixivに投稿された作品 pixivで「合成モード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2344

コメント