ピクシブ百科事典

名護屋城

なごやじょう

肥前国松浦郡名護屋(現佐賀県東松浦郡鎮西町・呼子町→唐津市/東松浦郡玄海町)にあった城。日本100名城の一つ

概要

豊臣秀吉明攻めの拠点として肥前国勝男山に築城した

勝男山という山が縁起が良く、この地の名称も「名護屋」という「名古屋」と同じ発音だった事から秀吉が気に入ったとされる。

だが、この地の支配者でもあった波多親氏は「大規模な城の築城にこの地は狭く不向きである」と進言したが聞き入れられなかった。

黒田孝高を中心に築城されており、わずか9か月で完成にこぎつけている。
しかし築城後、井戸が不足するなど様々な問題が発生する羽目となった。

規模は大坂城に次ぐ広大さ(17ヘクタール)を誇り、ルイス・フロイスをして「野も山も一切空いたところがない」と言わしめるほどであった。

周囲には130以上の大名屋敷が並び、20万人以上が集まる経済の中心地として賑わった。

しかし、秀吉の死後は江戸幕府によって徹底的に破却され、資材は唐津城の築城に利用された。

朝鮮通信使復活のために朝鮮出兵の拠点を破壊して印象を良くしようという狙いがあったのか、もしくは島原の乱のように反幕府勢力に利用されないためともいわれている。

関連タグ

ヴェルサイユ宮殿:経緯が酷似。
名古屋城尾張名古屋のシンボル。

pixivに投稿された作品 pixivで「名護屋城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403

コメント