ピクシブ百科事典

大三元

たーさんゆゎん

大三元とは麻雀の役の一つである。
目次[非表示]

概要

麻雀において三元牌の全てを刻子または槓子にして和了すると成立する役。役満

役満の中では四暗刻国士無双に並んでお目に掛かりやすい役満であるため役満御三家の一つと言われる。

他の役満と比べると制限される牌が3種類9枚であるため比較的作りやすい役満と言える。大抵の場合はポンをして三元牌を刻子にしていくことになるだろうが、上記のように比較的作りやすい役満ということもあるため、二種類の三元牌をポンすると他のプレイヤーの警戒は最大限に高まる。

こうなってしまうと他のプレイヤーから残る一種類が捨てられる可能性は非常に低いため、ツモ和了かリーチ後にツモ切りを強制されているプレイヤーから出るのを期待するしかないだろう。3種類のうち1種類は自力で暗刻にできなければまず成立不能となる。2種類暗刻にできればポンは1回でよく、これだと警戒されにくいため完成できる確率は非常に高い。

下位役には小三元がある。

包則

三元牌の内2種類を副露しているプレイヤーに対して残る1種類を捨てて、それをポン(またはカン)されて大三元を確定させたプレイヤーに対しては包則と呼ばれる責任払いが発生するルールがある。この場合ロン和了の場合は確定させたプレイヤーと放銃者の折半、ツモ和了の場合は確定されたプレイヤーが全部を支払う、ということになる。このような包則は他にも大四喜四槓子などで見られる。

責任払いまで持ち込んだけど、その後あがれなければ(もしくは他の人間があがった)、責任払いは当然無い。

麻雀漫画では三元牌を3種のうち2種を鳴いて、残り一種3牌既に持ってる状態から1牌を捨てて、安心した相手に最後の1牌捨てさせて鳴いて包にして責任払いに持ち込んで逆転するシーンが見られ(片山まさゆきは「よくある麻雀漫画」の例で、このあがり方を「実際にはねーよ」とツッコミつつ描いている)、なぜか責任払いに持ち込むと必ずあがれる事になっている(前述のようにあがれない可能性もあるにも関わらず)。

驚異の記録

大正時代に日本で開催された公式試合にて優勝した選手が2回戦で天和大三元を出した記録がある。

ネタ

四暗刻


▲字牌付きはタンヤオにならない。ネタは麻雀テーブルに持ち込まないように。

関連イラスト

/ホンイツ\
ピレさんの東方十代録は・・・


関連タグ

麻雀 役満 国士無双 四暗刻

pixivに投稿された作品 pixivで「大三元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67054

コメント