ピクシブ百科事典

四暗刻

すーあんこう

麻雀の和了の形(役)である。日本麻雀における最高役「役満」の一つ。
目次[非表示]

役満の中では和了り易いものであり、国士無双大三元とともに役満御三家と呼ばれる。

紅孔雀。


▲紅孔雀はローカルルール。唱える前にちゃんと確認しよう(紅孔雀は門前で無くても良い)。

概要

四暗刻は面前で4つの暗刻を完成させる事で成立する。使用するに制限は無く、全役満の中で確率上最も出易いである。暗槓が含まれていてもよい。

四暗刻には大きく分けて2種類あり、テンパイ時に3つの暗刻が完成し残りがシャンポン待ちになっている場合と、テンパイ時に4つの暗刻が完成し単騎待ちとなっている場合がある。
前者が比較的よく見られるツモり四暗刻であり、自分でツモった場合のみ四暗刻が認められる。ロン和了りでは4ツ目が明刻になるので他に複合する役が無ければ対々和と三暗刻で満貫止まりとなってしまうため非常に落差が大きい。

後者は非常に珍しい場合であり「四暗刻単騎待ち」「四暗刻単騎」などと呼ばれる。こちらはローカルルールでダブル役満とされる場合もあるが、成立難易度はツモり四暗刻の倍どころではない。また単騎待ちの場合待ち牌によっては四暗刻とならない待ちがある場合もあり、振聴などの危険もある。更に振聴で無くても安目で和了ってしまうと対々和も消えてしまい最悪三暗刻のみという非常に安い和了になる場合も有り得る。

如かしながら使用出来る牌に制限が無いため狙ってもよほど偏った牌を使わない限りバレる恐れはまず無く、さらに聴牌(特に単騎)されると待ち牌の特定が恐ろしく難しいので、他の役満と比べても聴牌されると恐ろしいといえる。

シャンポン待ちの場合は四暗刻とならない事も多いことから点数を上げる、または他のプレイヤーを下ろす目的で立直を掛ける場合も少なくない。

また、極めて難しいが非常に多くの役満と複合可能な役(普通の役満で四暗刻と複合できないのは国士無双と九蓮宝燈や大車輪だけ)であり、漫画などでダブル役満以上を成立させる場合によく用いられる。漫画で無くても運良く高難度の役満を門前で聴牌出来れば四暗刻と複合するチャンスも見える。1度は誰もが夢見るであろう究極の手にも四暗刻は含まれる(四暗刻単騎、大四喜、字一色、四槓子で役満の6倍になる)。

また、役満十三翻役とする青天井ルールでは最低でも対々和と複合するので実質十五翻役となり極めて強力な役となる(とはいえ、大三元も役牌3つがあり十六翻確定だが)。

ネタとして、「タンヤオ」と宣言しているイラストがあるが タンヤオと複合している形であれば、あながち間違いではない。もちろん実際にタンヤオを宣言してしまうと点数的に大きく損をする。
そしてその場合、大抵ダディクールのせいである。

関連イラスト

すーあんこー!
背中が煤けてますよ


関連タグ

麻雀 役満 四暗刻単騎待ち

pixivに投稿された作品 pixivで「四暗刻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166170

コメント