ピクシブ百科事典

聴牌

てんぱい

聴牌とは麻雀に於いて後1枚の有効牌で和了となる状態のことである。
目次[非表示]

概要

後1枚で和了の形となる状態のこと。動詞でテンパる、張るとも呼ぶ。カタカナで表記されることも多い。

麻雀に於いては聴牌に到達するまでに必要な有効牌の枚数を○向聴という形で表す。要するに0向聴=聴牌ということになる。

役があれば聴牌になることでロンやツモによる和了を行う事が可能であり、早くに聴牌になればなるほど、和了れる確率は一般的には高まる為、早めに聴牌になることが勝利の鍵であると言えよう。

待ちの形

聴牌した場合、和了の形となる牌のことを待ち牌と呼ぶ。待ち牌の種類は面子構成によって変わるが、大別すると以下の5つの形の何れか、或いは複合系となる。

両面待ち

順子の両端を待つ形。連続する2数牌である。例えば索子の2,3であれば待ち牌は索子の1,4である。この形は待ち牌の有効数が多くなることが多く、最も有利な待ちであると言われる事が多い。

嵌張待ち

順子のど真ん中を待つ形。一つ飛びの2数牌である。例えば筒子の4,6であれば待ち牌は筒子の5である。この形は待ち牌の数が少なくなり、両面待ちと比べると不利である。

辺張待ち

順子の片側を待つ形。1,2の数牌または8,9の数牌である時の3,7を待つ形である。こちらも嵌張待ち同様に待ち牌の数は少ない。

双碰待ち

対子2つで待つ形。片方を刻子として扱い、残る方を雀頭として扱う事になる。2種類の待ち牌が生まれるため有利に見えるが、実際には2種4牌であるため、嵌張待ちや辺張待ちと比べても有効牌数は変わらない。

単騎待ち

雀頭を待つ形。1種3牌の有効牌であることから他の待ちと比べると不利であるが、自由に待ち牌を選べるというメリットもある。

地獄単騎待ち

単騎待ちの中でも既に有効牌の内2枚が見えており、1枚しか有効牌が残っていない待ちを地獄単騎待ち、或いは地獄待ちと呼ぶ。

裸単騎待ち

既に4副露を行っている状態の単騎待ちを裸単騎待ちと呼ぶ。オリは非常に困難であるが、待ち牌はフレキシブルに変更出来るメリットがある。

その他の待ち方

  • 国士無双単騎待ち……単騎待ち同様に残る1枚を待つ形であるが、最大で1種4牌である。
  • 国士無双十三面待ち……単騎待ち同様に雀頭を待つ形であるが最大で13種39牌である。

聴牌のメリット

  • 門前で聴牌した場合は立直を掛けることが出来る
  • 荒牌流局した場合は不聴罰符を享受できる
  • 親であれば連荘出来る(ルールによっては輪荘)

聴牌の関連

黙聴/闇聴

ダマテン、ヤミテン。門前で聴牌したにも関わらず立直を行わないこと。捨て牌や状況にもよるが聴牌を気取られにくく和了しやすい。一方で、立直を行わないことから他家が積極的に和了に向かって、結果として和了されてしまう可能性も有る。

形聴/形式聴牌

聴牌ではあるが、役が無いため和了出来ない聴牌のことである。実際には偶発役などの御陰で和了出来る可能性は有る。形聴は一般的には聴牌であるため、不聴罰符を享受したり、連荘出来たりするが、形聴を聴牌と認めないルールも一部にはある。

片和了

複数の待ち牌がある時に役が無いという理由で和了出来ない牌が含まれる待ちがある場合に片和了と呼ぶ。高目タンヤオの両面待ちなどがこれに当たる。

振聴

聴牌ではあるが、既に待ち牌を自身が捨てている状態のことを指す。これは片和了などで和了ることが出来ない牌も含まれる。

空聴

聴牌してはいるものの待ち牌が全て出尽くしている等の理由で和了の見込みが無い聴牌のことを指す。形聴同様に聴牌とみなされるかは取り決めによる。

日常会話に於ける聴牌

テンパイと呼ぶことは少ないが、テンパるというのは日常会話でもよく使われる表現である。大体の場合は軽いパニックを起こすという意味合いである。これは麻雀でも聴牌した際に動揺してしまうことがあるためであろう。
なおテンパるには英語で短気癇癪を意味する「temper」から来ているとする説もある。

関連タグ

麻雀 振聴
立直 流局

コメント