ピクシブ百科事典

ピンフ

ぴんふ

平和。麻雀役の一種。完成形の符数が副底のみになる場合に成立する。具体的には雀頭以外が全て順子、雀頭が役牌でない、両面待ちであることが条件。門前役とされることが殆どであるが、稀にチーを認める場合がある。
目次[非表示]

この項では麻雀役について説明している。その他の「平和」については平和の項を参照されたし。

概要

ピンフ(平和)とは、麻雀役の一種である。1翻役。役の定義としては「副底、門前加符、自摸符」以外の全ての符が付かない形の和了と定義されており、初心者には若干難しい役である一方で、初心者が目指すべき形と言われる事が多い。

詳しいピンフの定義

麻雀では和了時、その完成形や待ちの形によって翻・符と呼ばれる点数を計算し、それによって授受する点棒数が決定される。具体的な計算方法は複雑であるため専門書に譲るが、基本的には成立した役につく点数=翻に加え、手牌状態によって以下のとおり符を計算し、合計値の1の位を繰り上げて最終的な符とする。

  • 副底(基礎点)20符。無条件で付く。但し七対子は例外で25符。
  • 門前ロンは10符(門前加符)。ツモ(門前で無くても良い)は2符。
  • 刻子(同一牌の3枚ペア)は一つに付き4符。么九牌の場合は2倍(=8符)、ポンで作った刻子(明刻子)の場合は半分(通常2符、么九牌4符)。
  • 槓子(同一牌の4枚ペア、カンしていることが必須)は一つに付き16符。么九牌の場合は2倍(=32符)、明・加カンで作った槓子(明槓子)の場合は半分(通常8符、么九牌16符)。
  • 雀頭(一部の例外を除いて出来上がり形に必ず必要な対子=同一牌2枚ペア)が役牌の場合2符。この時ダブ東、ダブ南となる連風牌は4符とするルールもある。
  • 嵌張待ち(数字が続く3枚のうち間の1枚を待っている状態)、辺張待ち(1・2の搭子で3待ち、または8・9の搭子で7待ち)、単騎待ち(雀頭のもう一枚を待っている状態)の場合は2符。

平和は、これらの符計算を行った結果として、副底と門前加符・ツモ符以外が一切つかなかった場合に成立する。具体的には、
  1. 雀頭が役牌でない
  2. 4面子全てが順子(数字が続く3枚の組)である
  3. 両面待ち(数字が続く2枚の前、または後ろを待っている)である
以上を満たすことで成立する。門前役であるとされる(=チーしていた場合は成立しない)とされているが、稀にチーしていても成立するとするルールも存在する。

1翻役であり、さらに条件上符数が最低になる(平和が成立した場合ツモ符がつかなくなり、ツモ和了の場合は強制的に20符に固定される)ため、これだけでの和了はさしたる点数にならない。
しかしながらその形状上、タンヤオ一盃口一気通貫等との親和性が高く、これらの順子がベースになる役を狙う上で副次的に成立させやすく、点数の底上げを狙うことができる。特にリーチ・タンヤオ・平和の組み合わせは俗に「メン・タン・ピン」と呼ばれ(リーチ=門前=「メン」ゼン、「タン」ヤオ、「ピン」フ)、麻雀では基礎とも言える形になっている。

尚、ルールによっては門前清自摸とピンフが複合しないとされるものもある。これはピンヅモ無しと呼ばれるルールであり、この場合門前清自摸のみが採用され、ツモ符である2符が加算され1翻30符となる。一応、関西圏ではこのピンヅモ無しというケースが有り得るため注意した方が良い(現代はピンヅモ有りが一応主流である)。

前述のように条件は意外と厳しく初心者が誤ってピンフ宣言しがちな役である。立直していればピンフの誤宣言は他のプレイヤーから指摘を受けるだけだろうが、ダマ聴の場合チョンボになりかねないので要注意。

関連タグ

麻雀 麻雀役の一覧
タンヤオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2812

コメント