ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

萬子、筒子、索子のどれか1種類と字牌のみを使って和了すると成立。3翻。但し副露している場合食い下がって2翻となる。

3翻役ではあるが下手な1翻、2翻役よりも出現頻度は多く、間違いなく3翻役の中では最も出やすい役で、三人麻雀だと萬子の中張牌が抜かれているため更に頻度が多くなる。また、萬子においては使用する牌が1・9のみのため、必ず混老頭が複合する。

配牌の時点でどれだけ数牌が一種類になっているか、というのが成否の鍵であり他の種類の数牌は一切使えない為捨て牌にそれらがボロボロ捨てられる事となる。字牌が少なければ上位役である清一色へと移行することが多いだろう。

前述の通り、1種類を除く数牌が河にどんどん捨てられることになるため、中盤以降、下手すると序盤でさえ他のプレイヤーにばれやすい役で、また赤牌ありだと役の特性上1種類しか使えない欠点もある。また、副露した場合、他に役が無いと最悪2翻30符で2,000点となる。この場合バカホンと呼ばれる。

一方で、役牌ドラが絡むと容易に満貫以上が見える為、注意が必要。

また、後付けなしルールでも後付け扱いにならない(役の特性上、数牌1種・字牌のみで構成)ため、積極的に副露できるのも利点(清一色も同様)。

ホンイツと略される事も多い。昔はホンイチと言われたが今ではあまり言わない。また、門前で完成した混一色はメンホンと呼ばれることが多い。この場合3翻40符確定(子5,200、親7,700)であり、立直をかければ満貫が確定する。

中国麻雀では6点役で、前述の出現頻度の多さから比較的妥当な配点だが、リーチ麻雀と違い、前述のバ力ホンで和了できる程の配点ではないため、和了するには役牌(2点役)等との複合で8点以上にする必要あり。また、清一色同様の役との相性抜群で手役による加点が大きい。なお、ライバル役に五面斉(こちらも6点)が存在し、『打点の混一色』『手軽さの五面斉』と揶揄される程。

余談だが、メインイラストの様に、緑一色の状態で「ホンイツ」宣言するパロディイラストが時々、掲載されている。詳細はダディクールの項を参照。

関連イラスト

センシティブな作品
雀鬼つかさ



関連タグ

清一色 緑一色 麻雀 麻雀役の一覧

関連記事

親記事

麻雀役の一覧 まーじゃんやくのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「混一色」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2352

コメント