ピクシブ百科事典

役牌

やくはいまたはふぁんぱい

役牌とは麻雀の役の一つである。
目次[非表示]

概要

自風牌(門風牌)、場風牌(荘風牌)、または三元牌を刻子または槓子にすると成立する役。1翻。

他の役と異なりこの役はこの役同士が複合が出来る。例えば東家で南場の場合に東と南をそれぞれ刻子にすると役牌は2つとなり2翻となる。一応理論上(役満にならなければ)4つまで複合できる

また東家で東場の東、南家で南場の時の南は、ダブ東、ダブ南と言われ(連風牌)それだけで2翻となる。

鳴いてもオッケーな上に1つの面子だけで成立させられる役であるため、初心者でも覚えやすく、上級者の場合は早和了したい場面で有効である。その為か「特急券」という異称で呼ばれる事もある。
後付けなしルールの場合、聴牌時の待ち方(役牌絡みのシャンポン待ちで一方が役なし(いわゆる片あがり)等)や副露の順番(2副露目以降で役牌をポンした状態でその役牌のみで和了しようとする等)によってはチョンボになるケースがあるため、副露のセンスが問われる役の一つでもある。

ドラの役牌をポンすることが出来れば4翻30符以上が確定する。大体の場合、ポンさせた人は白い目で見られる(とは言っても近年はマナーが重視されており、批判的な態度も少なくなってきている)。

三人麻雀では萬子の2~8が抜かれており、字牌の比率が大きくなっているため、役牌で和了する頻度が比較的多い

余談であるが場風でも自風でもない風牌「客風牌」(おたかぜ)は刻子として揃えても役にならない為、それだけで和了しようと倒牌してチョンボになる事も。ローカル役には客風牌三刻と呼ばれる役はあるが採用されるケースはまずなく、基本的に客風牌を集めるメリットは混全帯ヤオ九混一色混老頭、何より役満役『字一色』狙いくらいだが、中国麻雀では12点役『三風刻』(3種類の風牌を刻子として揃える)が採用されており、集める価値は大いにあり。

中国麻雀では2点役で、連風牌だと4点、客風牌だと『ヤオ九刻(1・9・客風牌を刻子として揃える1点役)』となる。但し、リーチ麻雀と違い、本役だけでの和了は不可(他の役との複合で8点以上にする必要あり)。

関連イラスト

ちゅんごく と けーね


関連タグ

小三元 大三元 四喜和 対々和 麻雀 麻雀役の一覧

関連記事

親記事

麻雀役の一覧 まーじゃんやくのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「役牌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1535

コメント